「身近な銘柄」⑤家電(家電量販店)関連銘柄リスト!

「身近な銘柄」シリーズ第5弾は「家電」関連銘弾!

家電関連銘柄には、身近な家電メーカーや家電量販店が多く、東証1部に上場している安定した銘柄が多いため、投資初心者にはおすすめのテーマ株です。

ソニーの「Playstation4」やパナソニックのナノケアドライヤー、日立のエアコン、シャープの液晶テレビ「AQUOS」などは、日々使っていることも多いのではないでしょうか?

身近な家電関連銘柄に注目していきましょう!

1.身近にある家電(家電量販店)

テレビやエアコン、デジカメといった身近な家電関連銘柄に注目していきましょう。

1-1.家電関連銘柄って?

今回は、家電メーカーや家電量販店といった家電を扱っている身近な銘柄に注目していきます。

家電と一言で言っても、生活家電(白物家電)や映像・音響機器、デジカメ・ゲーム機などの娯楽家電など、その種類は多岐に渡ります。

国内マーケティングを手掛けるGfKジャパンによると、2017年の家電小売市場は前年比+1%増の7兆700億円となっています。

家電の種類ごとの特徴と、近年のトレンドを見ていきましょう。

冷蔵庫・洗濯機・エアコン・掃除機といった生活家電(白物家電)は堅調な市場となっており、季節性家電の代表であるエアコンは今夏の猛暑では特需が発生したと見られています。

テレビやDVDレコーダーといった映像・音響機器は、2018年FIFAワールドカップがあったことや2020年東京オリンピックを控えていることから、4Kテレビの販売が依然好調となっています。

テレビは2009年5月から2011年3月に掛けて実施されていた家電エコポイント制度の買い替え時期に入ってきていることもあり、2020年東京オリンピックまでは需要が続きそうです。

娯楽家電の代表格であるデジタルカメラは、スマホの普及に押されて前年比2ケタ減の苦しい状況が続いています。一方で、ハイエンド価格帯の販売比率が増えており、今後は高級路線がカギになると見られています。

「4K・8K」次世代テレビは特需により需要拡大で関連銘柄も期待大!

2018.05.25

【東京オリンピック関連銘柄】2018年「今」買っておくべき特需銘柄!

2018.02.07

1-2.競争力が激化した家電

かつては日本メーカーの独壇場となっていた世界の家電市場ですが、近年は海外勢に押されています

中国のハイアールや韓国のLG電子といったアジアを代表する家電メーカーが、世界各国で日本企業のシェアを奪っており、日本でも徐々に存在感を発揮しています。

かつてはソニーやパナソニックが高いシェアを持っていたテレビ市場では、韓国のサムスンとLGが世界シェアの40%を占めており、日本企業はソニーがかろうじて3位に留まっているに過ぎません。

2000年初め頃までは日本メーカーが圧倒的シェアを誇っていた家庭用エアコンでも、現在はグリーや美的集団、ハイアールといった中国企業が世界市場の50%を占めています。

この他、冷蔵庫やノートパソコン、洗濯機などでも韓国・中国勢が躍進しており、日本企業は年々存在感をなくしていると言わざるを得ません。

現在、日本が強い家電としては、ゲーム機やデジカメ、インクジェットプリンターなどが挙げられます。

ソニーの「PlayStation4」と任天堂の「Nintendo Switch」は世界中で人気を博しており、ゲーム機市場において圧倒的な存在感を示しています。

デジカメ市場ではキヤノン、ニコン、ソニーの3社が90%前後の圧倒的なシェアを占めており、インクジェットプリンター市場でもキヤノンとセイコーエプソンの2社で50%を超えるシェアを占めています。

 

★注目ポイント1
家電関連銘柄は、テレビやエアコン、洗濯機など身近な家電を扱っている家電メーカーや家電量販店が中心となる。世界市場では日本メーカーが競争力をなくしているのが懸念される。

 

2.「家電」関連銘柄全リスト!

テレビやエアコン、冷蔵庫などの家電製品を手掛けている家電メーカーを見ていきましょう。

2-1.家電関連の全11銘柄

【6501】日立製作所

チャート画像
市場東証一部
株価3,894円
主なサービス家電製品全般を手掛ける。冷蔵庫や洗濯機、エアコンに強い。
URL http://www.hitachi.co.jp/

 

【6503】三菱電機

チャート画像
市場東証一部
株価1,557.5円
主なサービス家電製品全般を手掛ける。冷蔵庫やエアコンに強みを持つ。
URL http://www.mitsubishielectric.co.jp/

 

【6628】オンキヨー

チャート画像
市場ジャスダック
株価83円
主なサービス音響製品を手掛ける。パイオニアのAV事業を傘下に。
URL http://www.jp.onkyo.com/

 

【6630】ヤーマン

チャート画像
市場東証一部
株価2,147円
主なサービス美顔器を始めとする美容家電を手掛ける。
URL https://corporate.ya-man.com/

 

【6632】JVCケンウッド

チャート画像
市場東証一部
株価317円
主なサービスカーナビやカーオーディオを手掛ける。
URL http://www.jvckenwood.com/

 

【6752】パナソニック

チャート画像
市場東証一部
株価1348.5円
主なサービス日本を代表する総合家電メーカー。音響機器や白物家電を始めほぼ全ての家電製品に強みを持つ。
URL https://www.panasonic.com/jp/top.html

 

【6753】シャープ

チャート画像
市場東証一部
株価2,320円
主なサービステレビや白物家電を手掛ける。「AQUOS」ブランドの液晶テレビに強み。
URL http://www.sharp.co.jp/

 

【6758】ソニー

チャート画像
市場東証一部
株価6,768円
主なサービス世界的AV機器メーカー。テレビ「BRAVIA」やゲーム機「PlayStaion4」に強み。
URL https://www.sony.co.jp/

 

【6839】船井電機

チャート画像
市場東証一部
株価669円
主なサービスAV家電を手掛ける。北米では液晶テレビで高いシェアを誇る。
URL http://www2.funai.co.jp/

 

【6897】ツインバード工業

チャート画像
市場東証二部
株価651円
主なサービスLED照明や調理機器を手掛ける。
URL http://www.twinbird.jp/

 

【7965】象印マホービン

チャート画像
市場東証一部
株価1,682円
主なサービス調理家電を手掛ける。炊飯ジャーや電気ポット、ホットプレートに強み。
URL http://www.zojirushi.co.jp/

※株価は2018年9月26日終値で算出

★注目ポイント2
家電メーカーを抽出してみると、お馴染みの電化製品のメーカーが数多く並ぶ。なお、東芝の家電部門は中国の美的集団に売却されたため家電関連銘柄には該当しない。

 

3.「家電量販店」関連銘柄全リスト!

家電メーカーに続いて、家電量販店を運営する銘柄を見ていきましょう。

3-1.家電量販店関連の全9銘柄

【3071】ストリーム

チャート画像
市場東証二部
株価106円
主なサービス家電・PCの低価格通販サイト「ECカレント」を運営。
URL https://www.stream-jp.com/

 

【2730】エディオン

チャート画像
市場東証一部
株価1,283円
主なサービス西日本を中心に家電量販店「エディオン」を展開。
URL https://www.edion.com/

 

【3048】ビックカメラ

チャート画像
市場東証一部
株価1,614円
主なサービス首都圏を中心に家電量販店「ビックカメラ」を展開。「コジマ」を傘下に持つ。
URL https://www.biccamera.co.jp/ir/

 

【7419】ノジマ

チャート画像
市場東証一部
株価2,524円
主なサービス首都圏を中心に家電量販店「nojima」を展開。
URL http://www.nojima.co.jp/

 

【7513】コジマ

チャート画像
市場東証一部
株価528円
主なサービス関東を中心に家電量販店「コジマ」を展開。
URL http://www.kojima.net/

 

【8173】上新電機

チャート画像
市場東証一部
株価3,460円
主なサービス関西を中心に家電量販店「Joshin」を展開。ネット通販にも強み。
URL http://www.joshin.co.jp/

 

【8202】ラオックス

チャート画像
市場東証二部
株価399円
主なサービス外国人観光客向け家電量販店「ラオックス」を展開。
URL http://www.laox.co.jp/

 

【8282】ケーズホールディングス

チャート画像
市場東証一部
株価1,403円
主なサービス北関東を中心に家電量販店「ケーズデンキ」を展開。
URL https://www.ksdenki.co.jp/kshd/default.aspx

 

【9831】ヤマダ電機

チャート画像
市場東証一部
株価575円
主なサービス家電量販店最大手「ヤマダ電機」を展開。
URL http://www.yamada-denki.jp/

※株価は2018年9月26日終値で算出

★注目ポイント3
家電量販店関連銘柄を抽出してみると、ヤマダ電機を始めお馴染みの家電量販店が並ぶ。なお、ネット通販にも強い家電量販店大手のヨドバシカメラは非上場となっている。

 

4.まとめ

 

ソニーの「Playstation4」やシャープの「AQUOS」、家電量販店「ヤマダ電機」など、家電関連銘柄にはおなじみの家電メーカーや家電量販店が多いことから、投資初心者におすすめのテーマ株です。

日本企業の家電における国際競争力は下がってきているとはいえ、パナソニックやソニーは未だ世界的大企業であることには変わらず、世界的に高いシェアを持つ分野は多数あります。

家電量販店はディフェンシブ寄りの銘柄が多い傾向にありますが、近年はネット通販に押されてきているため、ネット通販(Eコマース)に力を入れているかどうかがポイントとなりそうです。

身近にある家電関連から、過去5年の動きなども照らし合わせ、より有望な銘柄が見つけましょう。

 

為になったらぽちっとシェア!