「eスポーツ」関連銘柄!5GやVRの活用で注目度も高まる!本命は?

この記事のURLをコピーする

今回は、日本でも徐々に浸透してきたeスポーツ関連銘柄について、過去から現在までの動向と注目ポイントについて見ていきます。

eスポーツは日本ではあまり認知されていませんでしたが、2018年2月に「日本eスポーツ連合(JeSU)」が発足したことにより、2018年には1年間で市場規模が13倍にもなる急成長を遂げています

また2019年2月のゲームイベント「EVO Japan 2019」では、【9437】NTTドコモがeスポーツと5G、VRが融合した取り組みを提供し、注目を集めました。

さらに重要テーマとされる5Gの期待値が高く、eスポーツ関連銘柄も関連テーマとして注目が高まります!

そんなeスポーツ関連銘柄について、今後の展望や注目銘柄まで押さえておきましょう。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

1.eスポーツの基本と過去の動向

2018年までのeスポーツ関連ニュースについて抑えておきましょう。

1-1.2018年以前のeスポーツ市場規模

eスポーツとは
「エレクトロニック・スポーツ」の略称で、シューティングゲームや戦略ゲーム、格闘ゲームなどのコンピューターゲームによる競技のことです。

eスポーツ大会の賞金やスポンサー収入で生計を立てる人は「プロゲーマー」と呼ばれ、日本でも「ウメハラ」の愛称で知られる梅原大吾氏が世界的に有名なプロゲーマーとして知られています。

総務省が発表した「eスポーツ産業に関する調査研究報告書」によると、2017年の世界のeスポーツ市場規模は700億円となっています。

一方、ゲーム情報誌「ファミ通」などを手掛ける株式会社Gzブレインの調査によると、2018年の日本のeスポーツ市場規模は48.3億円となっています。

Gzブレインの市場予測では、国内eスポーツ市場は2022年までに99.4億円まで拡大すると予測されています。

日本のeスポーツ市場が1年で13倍もの急成長を遂げた背景には、2018年2月に「日本eスポーツ連合(JeSU)」が発足し、プロライセンスの発行が開始されたことで、eスポーツのスポンサー収益が拡大したことが要因です。

ただ、2018年に国内eスポーツ市場は前年比13倍という驚異的な成長を遂げたものの、世界のeスポーツ市場に比べるとまだまだ小さいのが現状です。

日本は任天堂とソニーという世界的ゲーム企業2社を擁するゲーム大国ですが、eスポーツ分野においては世界に対して大きな後れを取っているのが現状です。

1-2.5Gの本格運用で日本での注目度はあがるか

日本で次世代通信規格「5G」の本格運用が始まる2020年春が近付いてきましたが、eスポーツは、5Gの運用開始で最も注目されるコンテンツの一つです。

日本ではゲームをスポーツと認識することにまだ抵抗があるためか、海外に比べるとeスポーツが遅れている状況は否めません。

しかし近年は日本で開かれるeスポーツ大会の賞金も上がってきており、トヨタ自動車や日本コカ・コーラなどの大企業がスポンサーに付く大会も増えてきました。

またeスポーツの盛り上がりを受けて、地方自治体でもeスポーツに期待する向きもあるようです。東京都では2020年1月、初のeスポーツイベント「東京eスポーツフェスタ」を開催し、大盛況に終わりました。

1-3.コロナ禍でも絶好調!エンタメ業界で一人勝ちか

eスポーツは、新型コロナウィルスにおいて最有力となるコンテンツです。

ライブやスポーツなどのエンタメイベントは軒並み開催中止となっていますが、自宅でできるゲームは絶好調!

eスポーツは、ネットワーク上で対戦することになるため、プロゲーマー同士が離れた場所にいても問題なく開催することができます。そして、観客もネット上から視聴できるため感染リスクは全くありません。

試合を開催できないサッカーやテニスなどでは、プロスポーツ選手がeスポーツで対戦する催しが行われており、テニスの錦織圭選手やサッカーの岡崎慎司選手などが参加するということで大きな話題を呼んでいます。

新型コロナウィルスによるエンタメ中止の状況の中、eスポーツの盛況ぶりは世界中から聞かれており、エンタメ業界で一人勝ちになっている状況です。

ただ、eスポーツの収益の大部分は広告収入であり、新型コロナウィルスにおいて企業の広告費が減少していることから、eスポーツも無傷では済まないとの懸念の声もあります。

とはいえ、新型コロナウィルスでeスポーツの影響力がさらに高まっていることは確かであり、eスポーツが成長産業であるというトレンドは変わらないどころか、さらに加速することになりそうです。

★注目ポイント1
日本のeスポーツ市場規模は世界に比べるとまだ小さいが、2018年には「日本eスポーツ連合」が発足しスポンサー収入が増加したことにより前年比13倍もの急成長となった。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

2.eスポーツ関連銘柄動向2019!

2019年に注目のeスポーツ関連ニュースを抑えておきましょう。

2-1.eスポーツ関連銘柄の代表格!【3659】ネクソン

オンラインゲーム開発に強い【3659】ネクソンは、eスポーツ関連銘柄として期待される銘柄です。

同社は、eスポーツが盛んな韓国発祥の企業であり、韓国で最大規模のeスポーツ専用施設「ネクソンアリーナ」を運営していることでも知られています。

同社の株価は、2019年2月には1,767円を付けていました。2019年上半期は横ばいで推移していましたが、7月から下落が始まり、10月には1,225円まで下落…。

しかし、その後は好決算を発表するなど大反発しており、2020年2月には1,800円台まで戻しています。

年間トータルで見るとほぼ横ばいとなっているものの、直近4ヶ月では安値から+50%の反発となっており、このままの勢いで上昇していってもおかしくありません。

2-2.eスポーツに力を入れる大手ゲーム会社!【9697】カプコン

eスポーツの勢いを受けて、大手ゲーム会社各社もeスポーツには力を入れています。

特にeスポーツに力を入れているのが、人気格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズなどで知られる【9697】カプコンです。

同社は、2018年に国内eスポーツ事業への参入を本格決定しました。「ストリートファイター5」では頻繁にeスポーツ大会を実施しており、2019年夏に配信したスマホゲーム「TEPPEN」では総額5,000万円のeスポーツ大会も開催しています。

同社の株価は、2019年2月には2,233円を付けていました。この1年は順調に上昇しており、2020年2月には3,400円まで上昇しています。

この1年の最大上昇率は+52%となっており、現在進行形で上場来高値を更新しています。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

3.eスポーツ関連銘柄リスト

2019年に注目のeスポーツ関連銘柄リストを見ていきましょう。

3-1.注目のeスポーツ銘柄紹介

銘柄主なサービス
【2121】ミクシィ「モンスターストライク」のeスポーツ大会
【2743】ピクセルカンパニーズ(低位株★)「e-sportsスタジアム」を開設
【3659】ネクソン韓国最大規模e-Sports専門施設「ネクソンアリーナ」
【3676】デジタルハーツホールディングス世界最大の格ゲーイベント「EVO Japan 2018」を運営
【3904】カヤックモバイルe-sportsプラットフォーム「RANKERS」
【3932】アカツキeスポーツリーグ「LPE」
【3995】SUKIYAKIeスポーツプロチームのサイト運営
【4308】Jストリームソフマップのeスポーツスタジオ「eSports Studio AKIBA」に技術提供.
【4751】サイバーエージェント子会社のCyberZがeスポーツ大会「RAGE」を開催
【6050】イーガーディアンゲームに特化した専門施設「大阪 GAMELABO」、eスポーツチーム「e-Guardians」
【7832】バンダイナムコホールディングス「鉄拳7」のeスポーツ大会「TOKYO TEKKEN MASTERS」
【9437】NTTドコモ「EVO Japan 2019」メインスポンサー、5G8KVRを使ったeスポーツ配信
【9468】カドカワ子会社のGzブレインがeスポーツ総合情報メディア「ファミ通AppVS」運営、eスポーツプラットフォームアプリ「ESPERNETWORK」
【9697】カプコン「ストリートファイター」のeスポーツリーグ「ストリートファイターリーグ」
【9861】吉野家ホールディングスeスポーツ大会「第3回 PUBG GIRLS BATTLE」に協賛

 

★注目ポイント3
この1年でeスポーツへ新規参入する企業が増えていることを背景に、eスポーツ関連銘柄は急増している。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

 

4.おすすめのeスポーツ関連銘柄3選

【9697】カプコン

チャート画像
市場東証一部
企業概要「ストリートファイター」や「モンスターハンター」「バイオハザード」などを手掛ける大手ゲーム会社。

カプコンは、最もeスポーツとの親和性が高い大手ゲーム会社です。

世界中で人気がある格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズはeスポーツとしての歴史も長く、世界的プロゲーマーのウメハラこと梅原大吾氏も広く知られています。

大手ゲーム株としては任天堂やバンナムホールディングス、スクエニホールディングスなどにも注目ですが、eスポーツにおいてはカプコンに分があると言えます。

【2121】ミクシィ

チャート画像
市場東証一部
企業概要スマホゲーム「モンスターストライク」を手掛ける。SNS事業は縮小。

ミクシィはスマホゲーム「モンスターストライク(モンスト)」を柱としているソーシャルゲーム株を代表する銘柄です。

2019年には賞金総額1億円の「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」を開催するなど、近年はeスポーツに力を入れています。

モンストもかつてほどの勢いはなくなっており、同社の株価も低迷を続けているため、eスポーツの勢いに乗って株価が復活することに期待です。

【3765】ガンホー

チャート画像
市場東証一部
企業概要スマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」を手掛ける。

ガンホーはスマホゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」を手掛けていることで知られるソーシャルゲーム銘柄です。

ただミクシィのモンストと同じく、パズドラもかつてほどの勢いはなくなっており、株価は2013年に付けた高値から10分の1程度の水準で推移しています。

同社はeスポーツに力を入れており、カプコンと共同開発したスマホゲーム「TEPPEN」では総額5,000万円の大会を開催しています。

5.まとめ

eスポーツは、まだマーケットにおいてはそこまで大きく注目されるテーマにはなっていませんが、大手企業によるeスポーツ事業への参入は相次いでおり、関連銘柄はこの1年で急増しています。

また2020年の春、次世代通信規格5Gの運用が本格的に始まることから、eスポーツと5Gや8KVRといった新技術の関わりが注目されます

以上のことから「eスポーツ」に関するニュースや関連銘柄の動向は要チェックです。

為になったらぽちっとシェア!