「eスポーツ」関連銘柄2019!5GやVRの活用で注目度も高まる!本命は?

今回は、日本でも徐々に浸透してきたeスポーツ関連銘柄について、過去から現在までの動向と、2019年の注目ポイントについて見ていきます。

eスポーツは日本ではあまり認知されていませんでしたが、2018年2月に「日本eスポーツ連合(JeSU)」が発足したことにより、2018年の1年間で市場規模が13倍にもなる急成長を遂げています

また、2019年2月のゲームイベント「EVO Japan 2019」では、【9437】NTTドコモがeスポーツと5G、VRが融合した取り組みを提供し、注目を集めました。

2019年は、重要テーマとされる5Gの期待値が高く、eスポーツ関連銘柄も関連テーマとして注目が高まります!

そんなeスポーツ関連銘柄について、今後の展望や注目銘柄まで押さえておきましょう。

 

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

1.eスポーツの基本と過去の動向

2018年までのeスポーツ関連ニュースについて抑えておきましょう。

1-1.2018年以前のeスポーツ市場規模

 

eスポーツとは
「エレクトロニック・スポーツ」の略称で、シューティングゲームや戦略ゲーム、格闘ゲームなどのコンピューターゲームによる競技のことです。

eスポーツ大会の賞金やスポンサー収入で生計を立てる人は「プロゲーマー」と呼ばれ、日本でも「ウメハラ」の愛称で知られる梅原大吾氏が世界的に有名なプロゲーマーとして知られています。

総務省が発表した「eスポーツ産業に関する調査研究報告書」によると、2017年の世界のeスポーツ市場規模は700億円となっています。

一方、ゲーム情報誌「ファミ通」などを手掛ける株式会社Gzブレインの調査によると、2018年の日本のeスポーツ市場規模は48.3億円となっています。

Gzブレインの市場予測では、国内eスポーツ市場は2022年までに99.4億円まで拡大すると予測されています。

日本のeスポーツ市場が1年で13倍もの急成長を遂げた背景には、2018年2月に「日本eスポーツ連合(JeSU)」が発足し、プロライセンスの発行が開始されたことで、eスポーツのスポンサー収益が拡大したことが要因です。

ただ、2018年に国内eスポーツ市場は前年比13倍という驚異的な成長を遂げたものの、世界のeスポーツ市場に比べるとまだまだ小さいのが現状です。

日本は任天堂とソニーという世界的ゲーム企業2社を擁するゲーム大国ですが、eスポーツ分野においては世界に対して大きな後れを取っているのが現状です。

 

1-2.eスポーツ関連銘柄で物色された【3659】ネクソン

eスポーツ関連銘柄として度々物色されているのが、PCやモバイル向けオンラインゲームの開発・配信を手掛けている【3659】ネクソンです。

ネクソンはeスポーツ大国である韓国発祥の企業であり、eスポーツが日本より盛んな中国や韓国で多くのゲームを配信しています。

また、ネクソンの連結子会社であるNEXON Korea Corporationは、eスポーツ番組放送会社のLoud Communicationsと資本・業務提携契約を締結しています。ネクソンは、eスポーツが徐々に認知されだしてきた2017年初め頃から上昇を始めています。2017年1月には818円の安値を付けていた株価は、2018年2月には2,005円まで上昇しました。

2018年には、8月に中国政府がオンラインゲームを規制する方針を示したことで大きく下げましたが、2018年12月以降は値を戻しており、2019年3月現在は1,750円前後で推移しています。

なお、ネクソンの親会社であるオンラインゲーム大手のNXCは売却されるとの報道が出ており、アメリカのAmazonや中国のテンセントなどが買収企業の候補に挙がっています。

 

★注目ポイント1
日本のeスポーツ市場規模は世界に比べるとまだ小さいが、2018年には「日本eスポーツ連合」が発足しスポンサー収入が増加したことにより前年比13倍もの急成長となった。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

2.eスポーツ関連銘柄動向2019!

2019年に注目のeスポーツ関連ニュースを抑えておきましょう。

2-1.eスポーツの最新動向

2018年には「日本eスポーツ連合」が発足するなど、日本でのeスポーツの認知度は徐々に高まっています。

特に、eスポーツで今後注目されるのは、5GやVRといった最新技術との関わりです。

2019年2月15日から2月17日の3日間に渡って福岡市で開催された世界最大級の格闘ゲームイベント「EVO Japan 2019」では、eスポーツと5G、VRが融合した取り組みが注目を集めました

同大会のメインスポンサーのNTTドコモは、会場ブース内で、次世代通信規格5Gを使った8KVRによるeスポーツ観戦やVR空間内でのゲームレクチャーシステムを提供しました。

高速・大容量・低遅延通信が可能な5Gを活用して、プロゲーマーの白熱した対戦の様子が、VRゴーグルを装着した他の来場者に8KVRでリアルタイム配信され大好評だったようです。

2019年は「5G元年」になることが期待されていますが、5G社会の実現とともに、8KやVRといった最新技術を駆使したeスポーツの注目度が高まることに期待が集まります。

 

2-2.eスポーツに力を入れている企業をピックアップ!

eスポーツに力を入れている企業を見ていきましょう。

出版・動画配信大手の【9468】カドカワは、「ファミ通」を刊行する子会社のGzブレインがeスポーツ総合情報メディア「ファミ通AppVS」を運営しており、またeスポーツプラットフォームアプリ「ESPERNETWORK」をリリースしています。

チャート画像

 

音楽ファンサイトなどのサイト制作を手掛ける【3995】SUKIYAKIは、eスポーツプロチームのサイト運営を手掛けるというニュースが伝わったことで大きく買われています。

スマホゲーム開発を行う【3932】アカツキは、2018年8月22日にeスポーツリーグ「LPE」を設立することを発表しています。

総合ネットセキュリティ企業の【6050】イー・ガーディアンは、ゲームに特化した専門施設「大阪 GAMELABO」を2018年4月から開設しており、eスポーツチーム「e-Guardians」を創設していることでも知られます。

チャート画像

 

主要ゲーム会社では、人気スマホゲーム「モンスターストライク」を手掛ける【2121】ミクシィ、3D格闘ゲーム「鉄拳」を手掛ける【7832】バンナムホールディングス、2D格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズを手掛ける【9697】カプコンが相次いでeスポーツ大会の開催を発表しています。

 

★注目ポイント2
「5G元年」の2019年は、次世代通信規格5Gや8KVRといった新技術を駆使したeスポーツに注目が集まることが期待される。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

3.eスポーツ関連銘柄リスト2019

2019年に注目のeスポーツ関連銘柄リストを見ていきましょう。

3-1.注目のeスポーツ銘柄紹介

銘柄株価主なサービス
【2121】ミクシィ2,740円「モンスターストライク」のeスポーツ大会
【2743】ピクセルカンパニーズ(低位株★)222円「e-sportsスタジアム」を開設
【3659】ネクソン1,772円韓国最大規模e-Sports専門施設「ネクソンアリーナ」
【3676】デジタルハーツホールディングス1,330円世界最大の格ゲーイベント「EVO Japan 2018」を運営
【3904】カヤック649円モバイルe-sportsプラットフォーム「RANKERS」
【3932】アカツキ6,550円eスポーツリーグ「LPE」
【3995】SUKIYAKI637円eスポーツプロチームのサイト運営
【4308】Jストリーム565円ソフマップのeスポーツスタジオ「eSports Studio AKIBA」に技術提供.
【4751】サイバーエージェント3,585円子会社のCyberZがeスポーツ大会「RAGE」を開催
【6050】イーガーディアン2,270円ゲームに特化した専門施設「大阪 GAMELABO」、eスポーツチーム「e-Guardians」
【7832】バンダイナムコホールディングス4,795円「鉄拳7」のeスポーツ大会「TOKYO TEKKEN MASTERS」
【9437】NTTドコモ2,562円「EVO Japan 2019」メインスポンサー、5G8KVRを使ったeスポーツ配信
【9468】カドカワ1,234円子会社のGzブレインがeスポーツ総合情報メディア「ファミ通AppVS」運営、eスポーツプラットフォームアプリ「ESPERNETWORK」
【9697】カプコン2,311円「ストリートファイター」のeスポーツリーグ「ストリートファイターリーグ」
【9861】吉野家ホールディングス1,829円eスポーツ大会「第3回 PUBG GIRLS BATTLE」に協賛

※株価は2019年3月1日終値で算出

 

★注目ポイント3
この1年でeスポーツへ新規参入する企業が増えていることを背景に、eスポーツ関連銘柄は急増している。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

4.まとめ

 

2018年は、2月に「日本eスポーツ連合(JeSU)」が発足したことを追い風に、日本のeスポーツ市場にとっては飛躍の1年となりました。

eスポーツは、まだマーケットにおいてはそこまで大きく注目されるテーマにはなっていませんが、大手企業によるeスポーツ事業への参入は相次いでおり、関連銘柄はこの1年で急増しています。

また、2019年は次世代通信規格5Gの運用が本格的に始まることから、eスポーツと5Gや8KVRといった新技術の関わりが注目されます

以上のことから、2019年は特に「eスポーツ」に関するニュースや関連銘柄の動向は要チェックです。

 

為になったらぽちっとシェア!