レアアース関連銘柄で一攫千金狙い!2018年大注目の貴重資源!

ハイテク機器に必ず使用される「レアアース」は世界的に需要があります。
 
そんな中、2018年4月10日小笠原諸島・南鳥島周辺の排他的経済水域(EEZ)の海底に、世界需要数百年分のレアアースが埋蔵されていると、英科学誌サイエンティフィック・リポーツが発表しました。
 
 現在はレアアースの大半を中国からの輸入に頼っている日本にとって、21世紀の先端産業には欠かせないレアアースを自国で調達出来るようになれば、経済的インパクトは計り知れません

 
南鳥島海底のレアアースに関するニュースと、関連する銘柄の動向に注目していきましょう。

1.レアアースは現代社会に欠かせない

小笠原諸島・南鳥島の海底に数百年分のレアアースが発見されたことから、レアアース関連銘柄が大きく注目されるテーマ株になるかもしれません。

1-1.レアアースとは?

埋蔵量が少なかったり、採掘・精錬コストが高いなどの理由で流通量・使用量が少ない非鉄金属を「レアメタル」と呼びます。
レアアースとは
その31鉱種あるレアメタルの中の1鉱種が「レアアース」(希土類元素)と呼ばれる
周期表で言うと、スカンジウム・イットリウムの2元素と、ランタンからルテチウムまでの15元素の計17元素がレアアースに分類されます
 
レアアースは、モーターに使われる超強力磁石の磁性体や、DVDやBDなどの光ディスクの記録層など現代社会を支える幅広い製品に使われています。
 
希少元素でありながら、その用途は幅広いため、レアアースの安定確保は経済活動をする上で重要な課題になっています。
 
現代社会を営む上において欠かせないレアアースですが、世界のレアアース生産量の90%以上は中国で生産されています。
 
そのため、日本はレアアースの大半を中国からの輸出に依存しており、2010年10月に中国がレアアースの対日輸出規制を取ったときは大きな話題になりました。

1-2.日本のEEZで数百年分のレアアースを発見

現代社会には欠かせないレアアースですが、日本にとって幸運とも言えるビッグニュースが飛び込んできました。
 
2018年4月10日に、東京大学や海洋研究開発機構などの研究グループが、小笠原諸島・南鳥島の海底に1600万トンを超えるレアアースが存在すると発表しました。
 
1600万トンとなれば、世界需要の数百年分に相当する埋蔵量であり、日本国内で使用されるレアアース消費量を簡単にまかなえます。
 
また、日本がレアアース輸出国となることも夢ではないかもしれません。
 
レアアースは、再生可能エネルギーや医療技術分野などの最先端産業にも必須となる材料であるため、自国で調達出来るようになればその経済的インパクトは計り知れません。
 
今後、海底にあるレアアースを効率的に回収する技術が確立されることになれば、レアアース関連銘柄が重要テーマになっていくことも十分に考えられます。
 
このニュースの続報に注目するとともに、レアアース関連銘柄の動向にも注目していきましょう。

 

★注目ポイント1
 レアアースは幅広い用途に使われるレアメタルの一種。2018年4月に小笠原諸島・南鳥島の海底に数百年分のレアアースがあることが発表された。

2.レアアース埋蔵ニュースで関連銘柄が反応

レアアースが埋蔵されているというビッグニュースを受けて、レアアース関連銘柄は大きな反応を見せました。

2-1.海洋掘削大手の日本海洋掘削

海底石油や天然ガス田の試掘などを手掛ける海洋掘削大手の【1606】日本海洋掘削は、レアアース関連銘柄を代表する銘柄です。
 
同社は、海底石油や天然ガスの掘削の他にも、日本近海に大量に埋蔵されているメタンハイドレートの掘削でも期待されていることから、海底資源に関するニュースがある度に物色される銘柄です。
 
小笠原諸島・南鳥島の海底にレアアースが埋蔵されているというニュースを受けて、海底掘削の技術を持つ同社は真っ先に物色されました。
 
同社の株価は、アベノミクス相場全盛だった2013年5月に10,780円を付けて以降は長らく低迷しており、2018年3月26日には一時1,927円まで売られていました。
 
しかし、レアアース埋蔵のニュースを受けた翌日には、一時+15.75%まで上昇しました。
 
今後、このニュースが大きなきっかけとなって、この5年間に下落した分の株価を大きく戻していく展開になることも十分に考えられます。
 

2-2.地下資源工事用掘削機械大手の鉱研工業

地下資源工事用掘削機械大手の【6297】鉱研工業もまた、レアアース関連銘柄として注目されます。
 
掘削機械を手掛ける同社も、メタンハイドレートを始めとする海底資源に関連する銘柄として度々物色されている銘柄です。
 
同社の株価は、レアアース埋蔵のニュースを受けて、翌日に一時ストップ高の+17.95%にまで上昇しました。
 
同社も、2015年2月に付けた1,618円の高値から大きく下げており、低迷していた銘柄ですが、今回のニュースがきっかけとなって大きく戻していってもおかしくありません。
 

2-3.浮体式海洋石油・ガス生産設備を手掛ける三井海洋開発

浮体式海洋石油・ガス生産設備の設計・建造を手掛ける【6269】三井海洋開発も、レアアース関連銘柄として大きな反応を見せました。
 
同社の株価は、上述した2銘柄と同じくレアアース埋蔵のニュースを受けて大きく買われ、一時+11.60%まで上昇
 
 
また、この3銘柄は、メタンハイドレート関連銘柄としても物色される銘柄として共通点があります。
 
レアアースに関するニュースの続報に注目するとともに、レアアース関連銘柄の筆頭となるであろう上記3銘柄の動向には特に注目しておきましょう。
 
 
★注目ポイント2
 小笠原諸島・南鳥島にレアアース埋蔵のニュースでは、メタンハイドレート関連銘柄でもある海洋資源に関連がある3銘柄が物色された。

3.主要レアアース関連銘柄チェックリスト

レアアース関連銘柄より厳選した注目株をチェックしておきましょう。

銘柄 株価 主なサービス
 【1606】日本海洋掘削 2,110円   レアアース採掘
 【1662】石油資源開発 2,505円   レアアース採掘
 【2768】双日(低位株★) 345円   商社
 【3036】アルコニックス 2,018円   商社(レアメタルに強い)
 【5711】三菱マテリアル 3,260円   レアアースリサイクル
 【5714】DOWA 3,955円   レアアースリサイクル
 【5724】アサカ理研 2,382円   レアアースリサイクル
 【6269】三井海洋開発 2,785円   レアアース採掘
 【6297】鉱研工業 605円   レアアース採掘
 【8002】丸紅 789.3円   商社
 【8015】豊田通商 3,645円   商社
 【8031】三井物産 1,851.5円   商社
 【8053】住友商事 1,838円   商社
 【8058】三菱商事 2,914.5円   商社
 【8090】昭光通商(低位株★) 107円   商社

※株価は2018年4月11日終値で算出

★注目ポイント3
 レアアース関連銘柄を抽出してみると、レアアースを採掘・リサイクルして活用・レアアースを扱う商社に分かれる。特に注目なのはレアアースを採掘する銘柄。

4.レアアース関連銘柄の上昇率ランキングTOP3!

過去1年間の安値から高値までを算出し、最も上昇率の高かったレアアース関連より上位3銘柄を発表致します。

※2017年4月11日~2018年4月11日の1年で算出
 

4-1.第1位【4004】昭和電工

チャート画像
上昇率  3.23倍(安値:1,693円 → 高値:5,480円)
市場  東証一部
RSI  32.18(やや売られている)
 

4-2.第2位【3036】アルコニックス

チャート画像
上昇率  3.21倍(安値:836.5円 → 高値:2,690円)
市場  東証一部
RSI  27.06(売られ過ぎ)
 

4-3.第3位【5724】アサカ理研

チャート画像
上昇率  2.7倍(安値:1,158円 → 高値:3,165円)
市場  ジャスダック
RSI  41.14(やや売られている)

※RSIは2018年4月11日終値より算出

★注目ポイント4
 過去1年の上昇率で見ると上記3銘柄だが、ニュースに反応したレアアース採掘銘柄が今後トップの座を取る可能性も十分にありえる。同時に注目したいところ。

5.まとめ

海底資源に関するテーマ株としては、日本近海に埋まっているメタンハイドレートに関連する銘柄が度々注目されてきました。
 
しかし、レアアースの発見によりその注目は大きく変化しました。
 
レアアースは21世紀の先端産業に欠かせない材料であることから、息の長いテーマとしても注目されることが期待されます。
 
日本がレアアース輸出国となることも考えられることから、2018年以降の関連銘柄動向は要注目です
 
小笠原諸島・南鳥島のレアアース埋蔵に関するニュースにはアンテナを張っておき、関連する銘柄の動向は見逃さないようにしましょう。
 

為になったらぽちっとシェア!