新元号公表は2019年4月1日!発表に合わせ有望銘柄を探る!

「平成最後に向けカウントダウン!」

今回は、天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位に伴う新元号切り替えに関連した銘柄の過去から現在までの動向と、2019年の注目ポイントについて見ていきます。

2019年1月4日に、新元号の公表が2019年4月1日になると発表されました。

4月1日の新元号発表、4月30日の天皇陛下の退位、5月1日の皇太子さまの新天皇即位と明るいニュースが立て続けに続くことから、東証にもご祝儀買いが入ってくることが期待されます。

平成は残りわずかですが、新元号関連銘柄に注目しておきましょう!

 

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

1.2016年8月8日、天皇陛下が「生前退位の意向」を表明

2018年以前の新元号関連ニュースを振り返っておきましょう。

1-1.2018年以前の新元号関連の動向

2016年8月8日、天皇陛下が「生前退位の意向をにじませる内容」のお気持ちを表明されました。

天皇陛下が生前退位されれば、1989年1月7日から続いてきた現在の元号「平成」が終わり、新しい元号(新元号)に切り替わることになります。

政府は天皇陛下のご意向を受け、2017年6月9日、天皇陛下の退位を一代限りで認める皇室典範特例法が参院本会議で可決・成立しました。

2017年12月8日には、2019年4月30日に天皇陛下が退位して「平成」が終わり、5月1日に皇太子さまが天皇陛下に即位し新元号への改元を行うことが閣議決定されました。

天皇陛下のお気持ち表明から新元号切り替えへの流れが着々と進む中で特に注目されたのは、「新元号の名称発表がいつになるか?」ということです。

新元号への切り替えはシステム開発会社やカレンダー製造会社などに特需をもたらすと期待される一方で、新元号発表から実施までの期間が短いと業務に影響が出ることも懸念されます。

 

1-2.天皇陛下のお気持ち表明で上昇した銘柄は?

2016年8月8日の天皇陛下のお気持ち表明を受けて、新元号切り替えによって特需が生じると見られる新元号関連銘柄は大きな上昇を遂げています。

特に、新元号関連銘柄として注目されるのが、カレンダーなどの印刷を手掛けている印刷株です。

平成から新元号へと切り替えになると、多くの印刷物が刷り直しとなることから、中小の印刷会社には特需が発生するものと期待されます。

中でも、新元号関連ニュースがある度に物色されている銘柄が【7919】野崎印刷紙業です。

同社のカレンダーは別誂品から既製品まで幅広く対応しており、店舗や企業のノベルティとして定評があることで知られています。同社の株価は天皇陛下のお気持ち表明から一貫して上昇し続けています。

2016年8月初めには128円の低位株でしたが、同月中に178円まで急上昇し、2017年12月には248円まで上昇。2018年10月には一時569円まで上昇しています。

天皇陛下のお気持ち表明からの2年間で最大4.4倍にまで上昇している最注目銘柄となっています。

同社は新元号関連ニュースがある度に物色されているため、2019年4月1日に発表される新元号発表でもご祝儀買いが入ることが期待されます。必ずチェックしておきましょう。

 

★注目ポイント1
2016年8月8日に天皇陛下が生前退位のお気持ちを表明されてから、マーケットでも新元号切り替えに関する期待が高まっている。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

2.「2018年」の新元号関連銘柄動向

2018年の新元号関連ニュースを抑えておきましょう。

2-1.新元号関連は2018年、どう動いたのか確認

新元号の発表は、天皇陛下の在位30年を祝う2019年2月24日の記念式典以降に発表する方向で検討されており、2018年中には新元号に関する動きは特にありませんでした。

関連ニュースとしては、2018年11月に、皇太子さまが即位する2019年5月1日と「即位礼正殿の儀」が行われる2019年10月22日を一回限りの祝日として扱う特別法案が国会で可決成立し、2019年のゴールデンウィークは10連休となることが決まっています。

年明けとなる2019年1月4日に、安倍首相は、天皇陛下の譲位と皇太子さまの新天皇即位に伴い5月1日に改める新元号について、4月1日に発表すると表明しました。

4月1日に改元政令を閣議決定して現在の天皇陛下が公布され、新天皇即位と同時に改元することになります。

なお、改元から1ヶ月前となった背景には、国民生活への影響を最小限に抑えるためとされます。

 

2-2.新元号関連の注目企業をピックアップ!

新元号発表・切り替えの前に、注目の新元号関連銘柄を抑えておきましょう。

【7919】野崎印刷紙業などの中小印刷株とともに注目されるのが、インク世界首位の【4631】DICです。

新元号切り替えによる印刷物特需が生まれれば、必然的にインクの消費量も増えることが予測されていることから、同社も天皇陛下のお気持ち表明から大きく上昇しています。

新聞輪転印刷機大手の【6335】東京機械製作所も、新元号関連銘柄として注目されます。

また、新元号切り替えに伴って紙幣や硬貨の更新も必要になることから、紙幣や硬貨の製造を手掛ける銘柄も物色されることが期待されます。

具体的には、紙幣識別機を手掛ける【6418】日本金銭機械【6428】オーイズミ、硬貨・紙幣処理機を手掛ける【6457】グローリーなどに注目です。

 

★注目ポイント2
2018年には新元号切り替えに関するニュースは特になかったが、年明けの1月4日に新元号の発表が4月1日に行われることが発表された。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

3.「2019年4月1日」の新元号発表に向けて

2019年以降の新元号関連の注目ポイントを抑えておきましょう。

3-1.2019年の新元号関連銘柄注目ポイント!

2019年4月1日の新元号発表、4月30日の天皇陛下の退位、5月1日の皇太子さまの即位と、新元号関連銘柄にご祝儀買いが入るかもしれないイベントが立て続けに続きます。

4月から5月に掛けて新元号関連ニュースが続くことから、2019年の上半期には新元号関連銘柄の動きに注目が集まります。

とはいえ、4月27日からは10連休となり、天皇陛下の退位と皇太子さまの即位が行われる4月30日~5月1日も東証は休場となります。

世界経済の減速傾向からして、10連休の間に海外市場で何があるか分からないリスクを考えると、この間の投資行動は中々難しいものがあります。

ご祝儀買いを期待してゴールデンウイーク中に持ち越すのはリスクがある行為だということを認識した上で行う必要があります。

現段階では、4月1日の新元号発表に注目しておきましょう。

また新元号切り替えに伴って10連休となることから、今年は連休特需も発生するかもしれません。

新元号切り替えとは直接関連はありませんが、2019年はゴールデンウィーク関連で旅行や観光に関連した銘柄にも注目しておきましょう。

 

3-2.注目の新元号関連銘柄

注目しておきたい新元号関連銘柄を厳選しました。

銘柄株価主なサービス
【4631】DIC3,350円インク世界首位
【6335】東京機械製作所(低位株★)412円印刷機
【6418】日本金銭機械1,001円紙幣識別機
【6457】グローリー2,515円硬貨・紙幣処理機
【7919】野崎印刷紙業(低位株★)430円商業印刷、カレンダー

※株価は2019年1月7日終値で算出

 

★注目ポイント3
2019年4月1日の新元号発表には大きな注目が集まる。10連休となり東証も休場となることから、ご祝儀買いを期待してゴールデンウイーク前に持ち越すのはリスクがある。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

4.まとめ

新元号の公表は2019年4月1日になると発表され、いよいよ本格的に新元号切り替えが迫ってきました。

新元号の名前次第では、一部の漢字が入っていたり、似ている名前の銘柄も、ご祝儀買いで買われることが予想されます。

また、4月30日の天皇陛下退位、5月1日の皇太子さまの新天皇即位に合わせて銘柄を仕込んでおくのは、10連休となることからリスクが大きい投資行動であることを認識しておく必要があります。

平成最後のエイプリルフールである、4月1日の新元号発表にはアンテナを張っておき、新元号関連銘柄の動向は要チェックしておきましょう。

 

為になったらぽちっとシェア!