カジノ関連銘柄はIR候補地の和歌山県・大阪府・長崎県・横浜市の銘柄も押さえておこう。

この記事のURLをコピーする

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致も大詰めを迎えつつあり、カジノ誘致の申請は2021年10月1日から始まります。

カジノ誘致は最終的に3地域に絞られますが、和歌山県、大阪府、長崎県、横浜市の4地域が有力とみられています。

特に2021年8月に行われる横浜市長選ではカジノ誘致が争点になると見られており、選挙の結果次第では、カジノ関連銘柄の動向も左右することになりそうです。

カジノ関連銘柄に注目していきましょう!

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

1.カジノ関連銘柄とは?

カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致も大詰めを迎えつつあり、カジノ関連銘柄にも注目が集まりそうです。

1-1.カジノ関連銘柄の概要

カジノ関連銘柄とは、日本が誘致を目指す「カジノを含む統合型リゾート(IR)」で注目される銘柄を総称したテーマ株です。

日本では長らくカジノを違法としてきましたが、2016年12月、カジノを含む統合型リゾート(IR)を解禁する「IR推進法(カジノ法案)」が成立しました。

カジノを含む統合型リゾートことIRとは「Integrated Resort」の略称で、カジノの他、国際会議場や展示場、ショッピングモール、ホテル、レストラン、美術館、テーマパーク、スポーツ施設などが一体となった複合観光施設のことです。

日本にカジノ誘致を進める最大の狙いは、IRを作ることによって外国人観光客を増やし、地域経済しいては日本経済全体を活性化させることにあります。

2018年7月に成立した「カジノ実施法案」では、IRの整備は日本国内3ヶ所に限定されることが決まっており、いくつかの自治体がカジノ誘致に向けてPRを進めています。

2021年7月時点で、カジノ誘致に積極的に名乗りを挙げているのは、和歌山県、大阪府、長崎県、横浜市の4地域。

ただ2020年には新型コロナの影響で、世界中のカジノの業績が悪化し、日本のIR候補地からもカジノ企業の撤退が相次ぎました。

政府も2020年12月、IR整備の基本方針案を提出し、早ければ2020年代半ばとしてきたカジノ開業目標を2020年代後半にずれ込むよう見通しを修正。

自治体からのIR申請の受付は2021年1月から始める予定でしたが、2021年10月1日~2022年4月28日の間に受け付けるよう9ヶ月延期しています。

今後、大詰めを迎える日本のカジノ誘致も、新型コロナ次第と言えそうな状況です。

1-2.カジノ誘致で注目される4候補地とカジノ関連銘柄を要チェック!

カジノ誘致の申請は2021年10月1日から2022年4月28日の間となっており、まだ新しい候補地が出てくるかもしれませんが、和歌山県、大阪府、長崎県、横浜市の4地域から3地域に絞られる見通しです。

カジノ関連銘柄としては、カジノ事業を手掛けている銘柄はもちろんですが、この4地域に関連する銘柄も押さえておくようにしましょう。

和歌山県は、2021年6月にカナダのクレアベスト・グループを事業者に選定したと発表し、2026年以降の開業を目指すとしています。

大阪府は、2025年大阪万博が開催される夢洲でのIR誘致を目指しています。カジノ法案が話題となった当初から名乗りを上げていたこともあり、過去には夢洲に不動産を保有する銘柄が物色されたこともありました。

大阪府の事業者は、アメリカのカジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの合同体となることが事実上決定しています。

長崎県は、日本最大の広さを誇るテーマパーク「ハウステンボス」内にIR整備する予定となっており、九州全体でのIR誘致を目指しています。誘致に成功すれば、ハウステンボスを運営する【9603】エイチ・アイ・エスは有力銘柄となるでしょう。

横浜市は、2019年8月に白紙状態から突然のIR誘致を発表して話題を集めました。首都圏に近いことから有力地になるとみられますが、反対の声も根強くあります。2021年8月の横浜市長選ではカジノが争点になると見られており、注目です。

★注目ポイント1
・カジノを含む統合型リゾート(IR)は、和歌山県、大阪府、長崎県、横浜市の4地域が争っており、最終的に3地域に絞られる。
・カジノ関連銘柄としては、カジノ事業を手掛ける銘柄はもちろん、誘致地域に関連する銘柄も押さえておこう。

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

 2.カジノ関連銘柄が上昇する理由と過去に上がった銘柄

2020年から2021年に掛けてのカジノ関連銘柄の動向を見ていきましょう。

2-1.世界的カジノゲームメーカー!【9766】コナミホールディングス

ゲームソフトやフィットネスジム事業などを手掛ける【9766】コナミホールディングスは、新型コロナ禍で一人勝ちとなっているカジノ関連銘柄です。

同社は1996年からカジノ事業(ゲーミング&システム事業)に参入しており、アメリカやオーストラリアをはじめ、世界各地のカジノで実績があります。

同社の株価は、2020年7月終値には3,215円を付けていました。巣ごもり消費に強いゲーム株ということで大きく買われ、2021年2月18日には7,560円まで上昇。

この1年の最大上昇率は+135%となっており、2021年7月時点でも6,000円前後の高値圏で推移しています。

ただ、同社は代表的なカジノ関連銘柄ではありますが、新型コロナ相場ではゲーム株の一角として物色されたと見るべきでしょう。

カジノ関連銘柄はコロナ禍では苦戦しており、コロナショック前の株価を取り戻しているのは、同社をはじめ数える程度しかありません。

2-2.アメリカのカジノでトップシェア!【6418】日本金銭機械

貨幣処理機や硬化計数機、紙幣鑑別機大手の【6418】日本金銭機械は、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致でも大きな恩恵を受けると期待されるカジノ関連銘柄です。

同社が手掛けるカジノ向け紙幣鑑別機は、アメリカでトップシェアを誇っているほか、世界中のカジノホールで実績があります。

同社の株価は、コロナショックで2020年3月に489円まで下落しました。その後も一向に反発する気配がなく、500~600円前後で停滞したままの状態が続いています。

同社に限らず、新型コロナ禍では多くのカジノ関連銘柄は停滞した状態が続いています。

★注目ポイント2
・カジノ関連銘柄は、新型コロナ相場では苦戦している。

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

3.主要カジノ関連銘柄&出遅れ低位株チェックリスト

カジノ関連銘柄には、遊戯機器を扱う企業だけでなくホテルやショッピング等の商業施設、不動産や警備など幅広い業種が挙げられます。

銘柄主なサービス
【2743】ピクセルカンパニーズカジノ向けゲーム機
【6418】日本金銭機械カジノ向け紙幣鑑別機
【6425】ユニバーサルエンターテインメントパチスロ機大手、フィリピンのカジノ「オカダマニラ」開発実績あり
【6460】セガサミーパチンコ台大手、横浜IRの事業者候補
【8591】オリックスMGMリゾーツと合同で大阪IRの事業者候補
【9044】南海電気鉄道大阪南部・和歌山を地盤とする鉄道会社、大阪万博関連銘柄
【9307】杉村倉庫関西地盤の倉庫大手、大阪万博関連銘柄
【9353】櫻島埠頭大阪地盤の商業埠頭企業、大阪万博関連銘柄
【9603】エイチ・アイ・エス長崎県で「ハウステンボス」運営
【9766】コナミカジノ向けゲーム機

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

 4.おすすめのカジノ関連銘柄3選

【9766】コナミホールディングス

チャート画像
市場東証一部
企業概要家庭用ゲームやスポーツ施設を手掛ける。カジノ向けにも強み。

コナミホールディングスは、ゲームソフトメーカーとして知られていますが、世界中のカジノで実績があるカジノ向けゲーム機大手でもあります。

ゲーム株ということもあり、カジノ関連銘柄の中では新型コロナ相場で一人勝ちの状況となっています。代表的なカジノ関連銘柄として、必ず押さえておきましょう。

【6460】セガサミーホールディングス

チャート画像
市場東証一部
企業概要ゲームソフトメーカーのセガと、アミューズメント機器のサミーが経営統合。

セガサミーホールディングスは、パチンコ台大手であることからカジノ関連銘柄に位置付けられます。また、横浜IRの事業者候補として名を連ねていることでも注目です。

2021年8月に行われる横浜市長選ではIR誘致が争点の一つになると見られており、選挙結果次第では同社が物色される展開も考えられます。

【9603】エイチ・アイ・エス

チャート画像
市場東証一部
企業概要旅行会社大手。「ハウステンボス」運営も。

エイチ・アイ・エスは、長崎県がIR誘致を目指す「ハウステンボス」を運営していることから、カジノ関連銘柄としても注目されます。

長崎県がIR誘致に成功した際には、注目銘柄のひとつになることでしょう。

なお代表的な旅行株である同社は、コロナショックの被害を最も大きく受けた銘柄のひとつですが、2020年11月にワクチンができて以降は反発しており、最悪期は抜け出しています。

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

5.まとめ

カジノ関連銘柄は、新型コロナで世界中のカジノが打撃を受け、インバウンドも壊滅してしまった影響から、新型コロナ相場では大苦戦の状況となっています。

ただワクチン接種が進み、インバウンドも徐々に回復してくることが期待されることから、今後は大反発が期待できるかもしれません。

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致は大詰めを迎えつつあり、2021年10月1日からカジノ誘致の申請が始まります。

和歌山県、大阪府、長崎県、横浜市の4地域が有力となっており、この中から最終的に3地域に絞られる見通しです。

カジノ関連事業を手掛けているカジノ関連銘柄はもちろんですが、カジノ誘致候補地に関連する銘柄にも注目しておくようにしましょう。

厳選テンバガー狙いの3銘柄を無料で!

分析者が精査済みの短期急騰期待が出来る低リスク3銘柄情報を先行配信しております。

サポート体制には自信があり、銘柄相談も無料にて承っておりますので是非ご活用下さい。厳選3銘柄も先行配信しております。

個人情報保護に関する事項に同意する

利用規約、メール配信に同意し日本投資機構株式会社からのメールを受け取る

当サイトの反社会的勢力との関係遮断に対する基本方針に同意する

契約締結前交付書面を日本投資機構株式会社の配信メールに記載されているURLから確認又はPDFダウンロードにて受領し、契約締結時交付書面をご契約後にメールにて受け取る書面の電子交付サービスに同意する

※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。

 

この記事のURLをコピーする

為になったらぽちっとシェア!