「ジャスダック」×「テンバガー候補」本命市場の2020年期待銘柄を探る!

テンバガー特集Part4

今回は、特に注目したい市場「ジャスダック」のテンバガー銘柄(10倍株)について見ていきます。

ジャスダックは新興市場だけあって、テンバガー銘柄が東証一部よりも出やすい傾向があります。過去に排出したテンバガー銘柄と言えば、

【2164】地域新聞社の11.6倍!
【9820】エムティジェネックスの23.91倍!!
【3765】ガンホーはなんと94.9倍!!!

このように、テンバガー以上の上昇を見せる銘柄もあります。

そんなジャスダック市場について、テンバガー銘柄になりやすい銘柄の傾向なども合わせ、更に詳しく見ていきましょう。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

1.ジャスダック×テンバガー

過去にジャスダックから誕生したテンバガー銘柄はどの位あるのでしょうか。

1-1.ジャスダックから誕生したテンバガー銘柄とは?

過去にテンバガーを達成したジャスダック銘柄を一覧で見ていきましょう。

2017年
【2722】アイケイ上昇率:13.5安値:253.5円→高値:3,440円
【7519】五洋インテックス上昇率:12.1安値:1,020円→高値:12,400円
2016年
【2303】ドーン上昇率:14.8安値:295円→高値:4,380円 ※安値からの上昇率)
※2015年6月→2016年5月の1年内にテンバガー達成。
2015年
【8462】フューチャーベンチャーキャピタル上昇率:17.1安値:186円→高値:3,185円
【4783】日本コンピュータ・ダイナミクス上昇率:13.5安値:317円→高値:4,280円
※2014年7月→2015年6月の1年内にテンバガー達成。
【4777】ガーラ上昇率:16.8安値:206円→高値:3,475円
※2014年2月→2015年1月の1年内にテンバガー達成。
2014年
【9424】日本通信上昇率:12.7安値:99.8円→高値:1,268円
※2013年8月→2014年7月の1年では上昇率21.8倍(58.1円→1,268円)
【5162】朝日ラバー上昇率:10.2安値:334円→3,435円
【5724】アサカ理研上昇率:18.4安値:484円→8,940円
【3444】菊池製作所上昇率:19.6安値:172円→3,380円
※2013年7月→2014年6月の1年内にテンバガー達成。
【6871】日本マイクロニクス上昇率:47.6安値:145.5円→6,935円
※2013年3月→2014年2月の1年内にテンバガー達成。
2013年
【3765】ガンホー上昇率:94.9安値:17.2円→高値:1,633円
※2012年6月→2013年5月の1年
【4576】デ・ウエスタン・セラピテクス研究所上昇率:28.6安値:131円→高値:3,755円
【3854】アイル上昇率:15.4安値:272.5円→高値:4,220円
※2012年11月→2013年10月の1年では上昇率36.4倍(115.8円→4,220円)
【7774】ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング上昇率:12.0安値:368.5円→高値:4,435円
【4667】アイサンテクロノジー上昇率:10.4安値:218円→高値:2,280円
【7707】プレシジョン・システム・サイエンス上昇率:14.7安値:163.8円→高値:2,412.5円
【6633】C&Gシステムズ上昇率:28.8安値:149円→高値:4,305円
【2138】クルーズ上昇率:12.3安値:505円→高値:6,240円
※2012年6月→2013年5月の1年内にテンバガー達成。
【2337】いちご上昇率:15.0安値:46.5円→高値:699円
※2012年5月→2013年4月の1年内にテンバガー達成。

 

1-2.【3765】ガンホーは94.9倍!

アベノミクス相場でテンバガーどころか100倍の暴騰となり伝説となった、2013年のガンホーの値動きを見ていきましょう。

ガンホーは現在では東証一部銘柄となっていますが、2012年当時はジャスダック銘柄でした。

同社は、人気スマホゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」を手掛けており、パズドラの課金収入だけで月に数百億円の売り上げが見込まれることから多くの投資家からの買いを誘いました。同社の株価は、2012年6月終値時点では172,000円を付けていました。

なお、この当時は、スマホはまだそれほど普及しておらず、マーケットでの投資家の注目は【2432】DeNAと【3632】グリーに集まっていました。

資金の流れが変わったのは、2012年5月に携帯ゲームのコンプガチャに景品表示法違反の疑いが持たれ、DeNAとグリーの株価が暴落したことがきっかけです。

DeNA・グリーに代わってパズドラが注目されたこともあり、ガンホーの株価は2012年8月から急上昇を始めました。そして、2012年12月に自民党が政権奪還、アベノミクスが始まり株価は更に急騰。

2013年4月の日銀の異次元緩和の波にも乗り、2013年5月14日にガンホーの株価は1,633,000円を付けました。

この期間に10→1の株式分割を行っているため、ガンホー株はこの1年間で94.9倍の上昇になったことになります。

※株式分割情報
[1:5](2005/08/26)
[1:10](2013/03/27)
[1:10](2013/06/26)
[1:100](2013/12/26)

1-3.2018年のテンバガー銘柄

2018年には、ジャスダックからテンバガー銘柄が2銘柄誕生しました。

首都圏でフリーペーパーを発行する【2164】地域新聞社は、10月に発表した決算が好調だったことから暴騰し、上昇率11.6倍(431円→5,000円)のテンバガー達成となりました。ビルのリニューアル事業などを手掛ける【9820】エムティジェネックスは、光通信の買い思惑などが入り暴騰し、上昇率は最大23.91倍(1,924円→45,950円)となりテンバガーを達成しました。

ジャスダックから登場したテンバガー銘柄の特徴を挙げるとすると、それまで注目されていなかった新しいテーマを手掛けている銘柄がテンバガーになる傾向があると言えます。

現在ではスマホゲームは有力テーマ株となっていますが、2012年にはソーシャルゲーム関連はDeNAとグリーが中心であり、「パズドラ」を始めとするスマホゲームはまだ投資家に注目されていないテーマでした。

また、2014年にテンバガー達成となった【9424】日本通信も、現在ではMVNOは多くの人に使われるサービスとなっていますが、この当時はまだ登場したばかりの新しいテーマであり、認知度が高くありませんでした。

つまり、ジャスダック銘柄で狙い目となるのは、これから注目される可能性のある新しいテーマを手掛けている銘柄ということになります。

また残念ながら2019年にジャスダックからテンバガーを達成した銘柄は出ませんでした。

2020年に期待しましょう!

★注目ポイント1
ジャスダックからはテンバガーが多数誕生しており、2018年にも地域新聞社とエムティジェネックスがテンバガーを達成した。かつてのスマホゲームやMVNOのように、まだ注目されていない新しいテーマ株からテンバガーが誕生している傾向がある。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

2.2020年ジャスダックからテンバガー候補5選!

ジャスダック銘柄から2020年のテンバガー銘柄候補を5銘柄選定しました。今後の動きに期待したいところです。

2-1.【2321】ソフトフロントホールディングス

チャート画像
株価127円
主なサービス自然会話AIソフトの開発を手掛ける。

ソフトフロントホールディングスは、自然会話AIプラットフォーム「commubo」などの通信ソフト開発を手掛けるAI関連銘柄です。

マーケットで注目されてもおかしくないAI関連銘柄ですが、株価は100円台で低迷しています。低位株のAI関連銘柄としてチェックしておきましょう。

2-2.【3776】ブロードバンドタワー

チャート画像
株価249円
主なサービスデータセンター運用を軸に展開している。

ブロードバンドタワーは、インターネットに欠かせないデータセンターの運用を手掛けるパイオニア企業です。

近年は、5G対応のデータセンター構築を手掛けていることから、5G関連銘柄として注目されます。

「5G元年」となった2019年には多くの5G関連銘柄が買われましたが、同社は低位株のまま停滞を続けています。5G関連銘柄の出遅れ株として注目しておきましょう。

2-3.【9758】ジャパンシステム

チャート画像
株価393円
主なサービスセキュリティソフトやビジネスソフトの導入を手掛ける。

ジャパンシステムは、アメリカのヒューレットパッカード社のソフト導入事業を手掛けるIT企業です。

同社はマイナンバーネットワーク認証/認可ソリューションを手掛けていることから、マイナンバー関連銘柄として注目されています。

政府は2020年6月に終了するキャッシュレス還元後にはマイナンバーを使ったポイント制度“マイナポイント”を開始すると報じられており、マイナンバーシステムを手掛ける同社が大きく買われることになっても不思議ではありません。

2-4.【4712】KeyHolder

チャート画像
株価83円
主なサービス不動産の売買・仲介・賃貸の他、総合エンタメ事業も手掛ける。

KeyHolderは、本業は不動産業ですが、総合エンタメ事業も手掛けていることからカジノ関連銘柄としても注目される低位株(ボロ株)です。

東京オリンピック後の経済活性化として、カジノ(IR)誘致が大きな注目を集めていますが、同社は過去にアミューズメントカジノを手掛けた実績があることから暴騰する可能性があります。

2-5.【2162】nmsホールディングス

チャート画像
株価533円
主なサービス国内外で製造業人材派遣を手掛ける。

ジャスダックの人材派遣株としては、国内外で製造業派遣を手掛けているnmsに注目です。

同社は日本やアジア各地で製造業派遣を手掛けるHS事業(ヒューマンソリューション事業)、車載関連機器や電子機器受託サービスを手掛けるEMS事業、電源製品の開発・設計を手掛けるPS事業の3つを軸に展開しています。

※株価は2019年12月20日終値で算出。

★注目ポイント2
ジャスダック銘柄では、ソーシャルゲーム関連銘柄に注目が集まる。また、今後登場するかもしれない新しいテーマにも注目。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

3.まとめ

2019年12月現在、ジャスダックに上場している銘柄数はジャスダックスタンダードが670銘柄、ジャスダックグロースが37銘柄となっており、合計では東証一部の3分の1程度になっています。

この5年で見てみると、ジャスダックからは東証一部より多くのテンバガー銘柄が輩出されており、ジャスダック上場銘柄がテンバガーになる確率は東証一部銘柄の3倍以上に及んでいます。

特にジャスダック銘柄では、2012年にはスマホゲームのガンホー、2014年にはMVNOの日本通信といった、まだ登場したばかりの新しいテーマを手掛けている銘柄がテンバガーになりやすい傾向が見てとれます。

人々のライフスタイルを変えるかもしれない新しいサービスやテーマ株にはアンテナを張っておき、ジャスダックの注目銘柄の動向はチェックしておきましょう。

その他テンバガー関連記事はこちら↓

【2020年版】誰もが夢見るテンバガー(株価10倍)銘柄を大胆予測!

2020.06.08

「東証一部」×「テンバガー候補」2020年の大化け期待銘柄!

2020.01.06

「東証二部」×「テンバガー候補」2020年も低位株とテーマ株が鍵となる!

2019.12.25

「東証マザーズ」×「テンバガー候補」2020年もやっぱり期待度No1!

2019.12.25

最注目テーマ株記事ベスト1

為になったらぽちっとシェア!