NFT関連銘柄は仮想通貨熱を受けてニュースで急騰!コレクターアイテムの価値を担保するブロックチェーン技術に注目しよう。

この記事のURLをコピーする

【3121】マーチャント・バンカーズは1日で+22%!【3758】アエリアは2日で+26%!【2437】Shinwa Wise Holdingsは3日で+46%!

マーケットでは仮想通貨の勢いが止まりませんが、ブロックチェーンでコレクターアイテムの価値を担保する「NFT」も大きな注目を集めつつあります。

2021年に入ってから、NFT事業を発表する企業が増えており、ストップ高となっている銘柄も少なくありません。

NFT関連銘柄に注目していきましょう!

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

1.NFT関連銘柄とは?

 

仮想通貨が大きな話題を集める中、デジタル資産に使われる「NFT」にもひそかに注目が集まりつつあります。

1-1.NFTとは?

NFTとは「Non-Fungible Token」の略称で、ブロックチェーン技術を使ったデジタル帳簿上のデータ単位のことです。日本語に直訳して「非代替性トークン」とも呼ばれます。

NFTは仮想通貨(暗号資産)と同様に、ブロックチェーンで発行されるデジタルデータの一種となっており、コピーや改ざんが非常に困難であることで価値が担保されています。

仮想通貨は通貨として使われていますが、NFTはコンテンツやデジタルアイテムにブロックチェーンを応用したものです。

ネット上にはかつての「漫画村」のような海賊版サイトが現在でも溢れており、コンテンツが違法コピーされた海賊版が出回っている状況が続いています。

権利者が公式にコンテンツをアップロードすることもありますが、同じファイルである以上、公式にアップロードされたファイルなのか、違法ファイルなのかを見分けることはできません。

そこで署名付きNFTを使うことによって、ファイルが公式なものだと証明することができます。また、ブロックチェーン技術を使っているため、第三者が改ざんすることもできません。

NFTは、デジタルアートや、SNSの書き込みのようなデジタルデータ、ゲーム内資産などに使われることが期待されています。このようなデジタル作品のNFTは、デジタル上のサイン入りアイテムと例えることができます。

1-2.仮想通貨熱はNFT関連銘柄にも影響してくる!?

NFTと仮想通貨はいずれもブロックチェーン技術が使われている点では共通していますが、NFTは非代替性トークンであるのに対し、仮想通貨は代替性トークンである点に違いがあります。

NFTは有名人のSNSの投稿など、この世界に唯一無二で代替することができないものを証明するために使われます。

一方仮想通貨では、あるビットコインAのデータが証明されたとしても、それは他のビットコインBでも、同じ価値を代替することが可能です。

今回はNFT関連銘柄を見ていきますが、NFTがテーマ株として注目されるのは、仮想通貨や仮想通貨関連銘柄の勢いが流入してくることが期待されるためです。

仮想通貨価格は2020年末以降から急伸しており、代表的な仮想通貨であるビットコインは2020年12月に200万円を突破してから、2021年4月14日には一時680万円以上にまで上昇しました。

株式市場では、仮想通貨関連銘柄が2021年最強テーマ株の一角となっており、【8698】マネックスグループや【3825】リミックスポイント、【3807】フィスコ、【2315】CAICA、【3696】セレスなどは2021年に入ってから全面高の状況となっています。

★注目ポイント1
・NFTは、仮想通貨(暗号資産)と同様にブロックチェーンで発行されるデジタルデータの一種。
・NFTは、デジタルアートやデジタルデータ、ゲーム内資産など、唯一無二のコレクターアイテムとしての価値を証明するために使われる。
・マーケットの仮想通貨熱が、NFT関連銘柄にも流れてくる!?

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

2.NFT関連銘柄が上昇する理由と過去に上がった銘柄

 

2021年に入ってからのNFT関連銘柄の株価動向と注目ニュースについて見ていきましょう。

2-1.アートNFT事業発表で急伸!【2437】Shinwa Wise Holdings

高級絵画や陶磁器といったオークション最大手の【2437】Shinwa Wise Holdingsは、NFT関連銘柄として急伸しました。

同社は、2021年3月17日大引け後、同社が取り扱っているアート作品をもとにしたNFT生成・販売事業を開始すると発表。

この発表を受けて3月17日に503円を付けていた株価は、翌日ストップ高に。3日後の3月22日には735円まで上昇しました。NFTのニュース発表から3日で最大+46%の急騰となっています。

ただ、高値を付けてからは下落しており、4月28日には450円で引け、NFTニュース発表前の水準を大きく下回っています。

2-2.NFT売買プラットフォームを運営開始!【3121】マーチャント・バンカーズ

不動産投資を主力とする【3121】マーチャント・バンカーズも、NFT関連銘柄として物色されています。

同社は2021年3月29日、子会社のMBKブロックチェーンが、個人コレクターが所蔵する希少性の高いお宝グッズをNFT化して売買できるNFT売買プラットフォームを運営開始すると発表。

このニュースを受けて、同社の株価は1日で332円→407円まで一時急伸。1日で最大+22%の上昇となりました。ただ、その後は下げており、4月28日終値は318円で引けています。

NFTは唯一無二のコレクターアイテムを証明するために使われやすいことから、コレクターアイテム事業を手掛ける上記2銘柄がNFT関連銘柄として注目されました。

また、上記2銘柄以外では、2021年3月31日に子会社のサクラゲートが音楽専門のNFTマーケットプレイス「The NFT Records」を開始すると発表した【3758】アエリアがストップ高となっており、2日で最大+26%(527円→669円)の上昇となっています。

NFT関連銘柄は長期的に注目されるかどうかは分かりませんが、仮想通貨が強いこともあり、ニュースとしては非常に注目度が高いテーマ株になっていると見てよいでしょう。

★注目ポイント2
・【2437】Shinwa Wise Holdingsや【3121】マーチャント・バンカーズなど、コレクターアイテム事業を手掛ける銘柄がNFT関連銘柄として注目されている。
・NFT関連銘柄は長期的に注目されるテーマ株になるかは未知数だが、ニュース性では非常に注目度が高いテーマ株となっている。

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

3.NFT関連銘柄リスト

銘柄主なサービス
【2437】Shinwa Wise Holdingsアート作品をもとにしたNFT生成・販売事業
【3121】マーチャント・バンカーズ子会社MBKブロックチェーンがNFT売買プラットフォームを運営
【3758】アエリア子会社のサクラゲートが音楽専門のNFTマーケットプレイス「The NFT Records」
【8698】マネックスグループ仮想通貨取引所「コインチェック」でNFTと仮想通貨を交換可能に、仮想通貨関連銘柄
【2315】CAICA子会社のCAICAテクノロジーズがNFTプラットフォームの販売を開始、仮想通貨関連銘柄
【3696】セレスエンタメ特化NFTプラットフォーム「パレット」に参加、仮想通貨関連銘柄
【3903】gumi出資しているdouble jump.tokyoがNFTデジタルシールをスクエニと共同開発
【3912】モバイルファクトリーNFT生成・販売プラットフォーム「ユニマ」
【4446】Link-Uエンタメ特化NFTプラットフォーム「パレット」に参加
【9684】スクウェア・エニックス「ミリオンアーサー」でNFTデジタルシールを発売予定

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

4.オススメのNFT関連銘柄3選!

 

仮想通貨やブロックチェーンからの連想テーマ株としてもオススメのNFT関連銘柄を押さえておきましょう。

【2437】Shinwa Wise Holdings

チャート画像
市場東証ジャスダック
企業概要高級絵画や陶磁器などのオークション最大手。

Shinwa Wise Holdingsは、オークション最大手企業として知られており、NFT関連銘柄としては最右翼の銘柄と言ってよいでしょう。2021年3月17日には、同社が扱うアート作品でNFT生成・販売事業を開始すると発表しており、大きく上昇しています。

ただ、ニュース発表後から1ヶ月で株価は元に戻っており、今後NFTがマーケットでどの程度注目されるかに左右されることになりそうです。子会社がコレクターアイテム事業を手掛けている【3121】マーチャント・バンカーズとともに押さえておきましょう。

【3758】アエリア

チャート画像
市場東証ジャスダック
企業概要スマホゲーム開発を柱にコンテンツ事業を手掛ける。

アエリアは、子会社のサクラゲートが音楽専門のNFTマーケットプレイス「The NFT Records」を発表しており、NFT関連銘柄に位置付けられています。

同ニュース発表で株価は急騰し、急騰から1ヶ月は横ばいが続いています。今後も、NFT関連銘柄として押さえておきましょう。

【8698】マネックスグループ

チャート画像
市場東証一部
企業概要ネット証券「マネックス証券」を展開。傘下に仮想通貨取引所「コインチェック」。

マネックスグループは、仮想通貨取引所「コインチェック」を傘下に持つ、東証を代表する仮想通貨関連銘柄です。「コインチェック」ではNFTと仮想通貨を交換可能になっていることから、NFT関連銘柄にも位置付けられます。

株価はほぼビットコイン価格に連動した値動きとなっており、2021年に東証で最も注目されている銘柄の1つですが、仮想通貨が暴落した場合には注意が必要です。

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

5.まとめ

2021年に入ってからNFT事業を発表する企業が増えており、【2437】Shinwa Wise Holdingsや【3121】マーチャント・バンカーズなど、コレクターアイテム事業を手掛ける銘柄がNFT関連銘柄として買われています。

ただNFT関連銘柄はニュース発表後には急騰するものの、急騰後には大きく下げてしまう展開が目立っています。

仮想通貨からの連想で短期筋のトレーダーからは一時的に買われるものの、まだ多くの投資家の注目を集めるには至っていない状況にあると言えるでしょう。

しかしNFTが使われるデジタルアートやデジタルデータといったデジタル資産は、仮想通貨同様に資産の一種として見られる傾向が強まっていることは間違いありません。

NFT関連銘柄はニュースとして注目されるテーマ株になっていることから、NFT事業への新規参入のニュースにはアンテナを張っておきましょう。

厳選テンバガー狙いの3銘柄を無料で!

分析者が精査済みの短期急騰期待が出来る低リスク3銘柄情報を先行配信しております。

サポート体制には自信があり、銘柄相談も無料にて承っておりますので是非ご活用下さい。厳選3銘柄も先行配信しております。

個人情報保護に関する事項に同意する

利用規約、メール配信に同意し日本投資機構株式会社からのメールを受け取る

当サイトの反社会的勢力との関係遮断に対する基本方針に同意する

契約締結前交付書面を日本投資機構株式会社の配信メールに記載されているURLから確認又はPDFダウンロードにて受領し、契約締結時交付書面をご契約後にメールにて受け取る書面の電子交付サービスに同意する

※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。

 

この記事のURLをコピーする

為になったらぽちっとシェア!