知っておきたい「スマートグリッド」と注目の関連銘柄2018!

 2011年3月に発生した福島第一原発事故以降、太陽光発電や風力発電、地熱発電といった再生可能エネルギーが大きな注目を集めました

 

発電した電力を無駄なく効率的に送電することを可能にするスマートグリッドは、再生可能エネルギーの普及のカギを握るとも言われています。

日本の電力政策の未来にも大きな影響を与える、スマートグリッド関連銘柄に注目していきましょう!

1.次世代送電網スマートグリッドとは?

再生可能エネルギー普及のカギを握るスマートグリッドが注目を集めています。

1-1.スマートグリッドとは?

今回は、福島第一原発事故後、大きく揺れている日本の電力政策にも大きな関わりを持つスマートグリッドに関連した銘柄に注目していきます。

スマートグリッドとは
電力の供給者と需要者の両面から制御し、電力の供給を最適化した送電網のこと

「次世代送電網」や「スマートコミュニティ」とも呼ばれます。

スマートグリッドを導入する最大のメリットは、発電した電力を効率よく・無駄なく、必要な所に送電出来るようになることが挙げられます。

「スマートメーター」と呼ばれる通信機能を持った電力メーターで電力の使用状況を管理することで、必要な電力量が常にチェック出来ることから、無駄なく発電し、無駄なく送電することが可能になります。

電力会社が電力需要をリアルタイムで把握出来るようになれば、電力需要が多くなる夏や冬に電力供給をコントロールできます。

その動きによって、大規模な停電が起こるリスクを回避できるようになります。

また、従来の電力計は、検針員が各家庭や事業所を一軒一軒回って確認する必要がありましたが、スマートメーターでは検針作業そのものが必要なくなるため、人件費削減に繋がることが期待されます。

ただ、このようなメリットが期待できる反面、スマートメーターを設置するためのコストが大きいことが課題になっています。

1-2.日本におけるスマートグリッドの状況は?

スマートグリッドは、送電網が脆弱で大規模停電が度々発生するアメリカではその必要性が訴えられています。

2008年に誕生したオバマ政権の「グリーン・ニューディール政策」の柱としても大きく注目されていました。

一方、送電網の安定性が既に実現されている日本では、スマートグリッドは再生可能エネルギーの普及において大きく注目されています。

特に、2011年3月に発生した福島第一原子力発電所の事故以降、日本を含む全世界で再生可能エネルギーが大きく注目されるようになりました。

しかし、原子力発電や火力発電といった従来の発電に比べると、太陽光発電や風力発電、地熱発電などの再生可能エネルギーは電力効率が圧倒的に劣るというのが現状です。

また、これらの自然エネルギーは天候状況や自然状況によって発電量が左右されることから、電力の供給が不安定になるというデメリットもあります。

そこで、スマートグリッドを活用して効率的な送電網を実現することで、再生可能エネルギーが持つこれらのデメリットを補えることが期待されています。

また、化石燃料を消費する従来の火力発電においても、スマートグリッドを活用して効率的な電力供給が可能になれば、化石燃料を効率的に消費できることから期待されています。

 

★注目ポイント1
 スマートグリッドとは、スマートメーターによって効率的な電力供給を行う次世代送電網のこと。再生可能エネルギーの普及においてもカギになることから注目を集めている。

2.スマートグリッド関連銘柄の値動きは?

スマートグリッド関連銘柄過去1年の値動きを見ていきましょう。

2-1.スマートメーターに欠かせない通信用LSIを製造するメガチップス

任天堂向けのLSI製造を主力とする【6875】メガチップスは、スマートグリッド関連銘柄として名前が挙がる銘柄です。

同社が開発した通信用LSI「ブルーチップ」はスマートメーターには不可欠であることから、同社はスマートグリッド関連銘柄及びスマートメーター関連銘柄として注目されています。

同社の株価は、2017年5月には2,668円を付けていましたが、この1年で上昇していき、2018年2月には一時4,240円を付けました。この1年で約1.6倍の上昇となりました。

その後はやや下落しており、2018年5月現在は3,200円前後で推移しています。

ただ、この1年間の上昇は、「Nintendo Switch」ブームが好感された任天堂関連銘柄として上昇したというのが現実的で、今後スマートグリッド関連銘柄としても注目されれば期待値が高まります。

2-2.スマートメーター事業も手掛ける【2471】エスプール

コールセンターへの派遣業などを手掛ける人材派遣会社の【2471】エスプールは、スマートグリッド関連銘柄としても期待されます。

同社は、2015年に子会社のエスプールエンジニアリングが東京電力からスマートメーターの設置業務を受注すると発表し、スマートメーター事業に本格参入しました。

同社の株価は、2017年5月には457円を付けていましたが、この1年間上昇していき、2018年5月には一時1,900円を超える高値を付けました。

この1年で4倍の上昇となり、今後も更なる高値更新が期待されます。

この上昇は、同社の本業である人材派遣業が働き方改革関連銘柄として注目されて上昇したのが強いですが、複数のテーマが絡んでいることは今後も期待ができます。 

2-3.電力量計器首位の大崎電気工業

国内の電力量計器首位の【6644】大崎電気工業は、スマートグリッド関連銘柄の最右翼として注目される銘柄です。

同社は、国内の電力量計で圧倒的なシェアを誇っており、スマートメーター市場でも圧倒的な存在感を誇るであろうことが予想される、スマートグリッド関連銘柄を代表する銘柄です。

同社の株価は、2017年5月には866円を付けていましたが、この1年はほぼ横ばいで、2018年5月現在は860円前後で推移しています。

スマートグリッド関連銘柄の代名詞とも言える同社の株価がほとんど反応していないことからも、「スマートグリッド」はまだテーマとして大きく注目されていないのが現状と言えます。

今後、再生可能エネルギーに注目が集まるきっかけ、ニュースがあれば期待値は一気に高まる可能性があります。

 
★注目ポイント2
 スマートグリッド関連銘柄は、マーケットで注目されるテーマ株になっているとは言えないのが現状だが、今後期待したいテーマ。

3.主要スマートグリッド関連銘柄チェックリスト

スマートグリッド関連銘柄より厳選した注目株をチェックしておきましょう。

銘柄株価主なサービス
【1925】大和ハウス4,109円スマートハウス
【2471】エスプール1,800円スマートメーター設置事業
【6503】三菱電機1,626.5円スマートメーター
【6617】東光高岳1,955円スマートメーター
【6622】ダイヘン794円スマートグリッド向けの電力制御機器
【6644】大崎電気工業856円スマートメーター国内首位
【6645】オムロン6,150円スマートメーター向け制御機器
【6822】大井電気(低位株★)320円スマートメーター
【6875】メガチップス3,140円スマートメーターに使われる通信用LSI
【6964】サンコー566円スマートメーター向け部品
【7587】PALTEK689円スマートメーター向けIC
【9501】東京電力ホールディングス548円電力会社
【9502】中部電力1,698.0円電力会社
【9503】関西電力1,594.5円電力会社
【9508】九州電力1,291円電力会社

※株価は2018年5月23日終値で算出

★注目ポイント3
 スマートグリッド関連銘柄を抽出してみると、スマートメーターに関連した銘柄と電力会社が多い。本命株は押さえておきたいところ。

4.スマートグリッド関連銘柄の上昇率ランキングTOP3!

過去1年間の安値から高値までを算出し、最も上昇率の高かったスマートグリッド関連より上位3銘柄を発表致します。

※2017年5月22日~2018年5月22日の1年で算出

4-1.第1位【2471】エスプール

チャート画像
上昇率4.4倍(安値:440円 → 高値:1,951円)
市場ジャスダック
RSI64.76(やや買われている)
 

4-2.第2位【4080】田中化学研究所

チャート画像
上昇率3.9倍(安値:740円 → 高値:2,918円)
市場ジャスダック
RSI41.34(やや売られている)
 

4-3.第3位【6506】安川電機

チャート画像
上昇率2.8倍(安値:2,129円 → 高値:6,120円)
市場東証一部
RSI72.72(買われ過ぎ)

※RSIは2018年5月22日終値より算出

★注目ポイント4
上昇率1位のエスプールは働き方改革関連銘柄として右肩上がりの上昇を見せているが、スマートグリッド関連銘柄としても注目されることができれば、株価は更に一段高を見せる可能性もある為、注目したい。 

5.まとめ

スマートグリッドやスマートメーターの関連銘柄は、現時点ではまだマーケットで注目を集めるテーマ株にはなっていません

太陽光や風力発電といった再生可能エネルギー関連銘柄からの連想買いも期待されるテーマ株ではありますが、再生可能エネルギーもマーケットでは下火になってきています。

しかし、再生可能エネルギーの普及やスマートグリッドの推進は、国家百年の計とも言われるエネルギー政策に関連したテーマであることから、今後再び注目される可能性は高いです。

まだまだ聞きなれないテーマではありますが、今後スマートグリッドが当たり前の時代になる可能性も。

スマートメーターや再生可能エネルギーなどのニュースにはアンテナを張っておき、スマートグリッド関連銘柄の動向は要チェックしておきましょう。

為になったらぽちっとシェア!