「翻訳ビジネス」関連銘柄はインバウンド消費拡大に合わせ2019年も注目!

インバウンド消費の拡大に合わせ注目が集まる、翻訳ビジネス関連銘柄について見ていきます。

2018年には3,000万人を突破した外国人観光客や、入管法改正による外国人労働者の増加から見ても注目は高まる一方です。

日本で外国人が増加することで翻訳ビジネスの需要は急増していますが、特に注目を集めるのが、自動翻訳や機械翻訳の分野です。

それというのも、機械型翻訳機「ポケトーク」を発表した【4344】ソースネクストの株価は、1年で5倍以上になっていることからも明らかです。

「ポケトーク」は夢の通訳機としてCMなどでも注目が集まり、2018年は様々な賞を獲得してますのでご存知の方も多いことでしょう。

今回は、そんな翻訳ビジネス関連銘柄に注目していきます。

 

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

1.翻訳ビジネス

インバウンド消費や入管法改正でも注目の翻訳ビジネス関連銘柄を抑えておきましょう。

1-1.翻訳ビジネスとは?

翻訳ビジネスとは
外国語と日本語の翻訳や通訳に関するビジネスの総称です。

2018年の訪日外国人観光客数は前年比+8.7%の3,119万人となり、過去最高を更新するとともに、史上初めて3,000万人の大台を突破しました。

9月には、北海道で起きた北海道胆振東部地震で千歳空港が運休となり、台風21号で関西国際空港が閉鎖となったことがダブルで影響して前年比割れとなりましたが、2018年は9月を除く全ての月で前年比プラスとなっています。

日本政府はインバウンド消費を取り込もうと、東京オリンピックが開催される2020年までに外国人観光客4,000万人を目標に掲げています。

現在、新興国・先進国を問わず世界的な海外旅行ブームが起きていることも、翻訳ビジネスにとっては追い風となっています。

矢野経済研究所が2018年11月に発表した「語学ビジネス市場に関する調査(2017年)」によると、2017年の語学ビジネス市場は前年比+2.0%増の8,666億円となっています。

訪日外国人が更に増加した2018年には、市場規模が更に拡大していることは間違いありません。

また、今後、人口減少が進む日本では内需の縮小は避けられず、外国人観光客のインバウンド消費は日本経済を牽引する重要なセクターになると考えられます。

 

1-2.2018年までの翻訳ビジネス動向

特に、近年、翻訳ビジネスで注目されているのが、AIによる機械翻訳です。

AI翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」は、2018年の日経優秀製品・サービス賞の最終優勝を受賞するなど大人気製品となっています。

そんなAI型翻訳機「ポケトーク」を手掛ける【4344】ソースネクストは、翻訳ビジネス関連銘柄として注目が集まります。

「ポケトーク」は、外国人が話し掛けてきた言葉を自動翻訳してくれる翻訳機です。最新の「ポケトークW」は英語や中国語を含む74言語に対応しており、これからのインバウンド時代には多くの人に欠かせない製品になると期待されます。

「ポケトーク」の広まりとともに、ソースネクストの株価も順調に上昇しています。

ソースネクストが夢の翻訳機「ポケトーク」の発売を発表したのは、2017年10月23日のことでしたソースネクストの株価は2017年10月初めには134円を付けていましたが、「ポケトーク」への期待から株価は急上昇。

2018年10月には773円まで上昇し、「ポケトーク」発表からの1年で株価は約5.7倍の上昇となりました。
※株価は株式分割後の値で算出。

 

★注目ポイント1
翻訳ビジネスは、インバウンド消費の増加とともに成長産業になると期待される。特に、機械翻訳は注目のトレンドとなっており、AI翻訳機「ポケトーク」を手掛けるソースネクストの株価は1年で5倍以上に。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

2.翻訳ビジネスの2019年

2019年に注目の翻訳ビジネスに関するニュースを抑えておきましょう。

2-1.翻訳ビジネスの最新動向

翻訳ビジネスの動向を握るのが、外国人観光客によるインバウンド消費です。

速報で発表された2019年1月の観光客数は前年比+7.5%の268.9万人となっており、中国でのビザ緩和の影響で中国人観光客が急増したようです。

また、2018年12月8日に「改正出入国管理法」が改正されたことによって、2019年4月から単純労働分野での外国人労働者の受け入れが拡大されます

これからの日本では、外国人観光客だけでなく、外国人労働者が増加することも確実であり、翻訳ビジネスへの期待が今後更に高まることは間違いありません。

AI翻訳機「ポケトーク」の成功を皮切りに、多くの企業が自動翻訳機や自動翻訳サービスに力を入れています。

小売り大手のイオンは、訪日観光客へのサービス向上のため、スマートフォンを使った多言語映像通訳サービスを開始しています。

AI開発を手掛ける株式会社ヘッドウォータースは、様々な国の言語に対応した研修・社員教育に対応したAIサービス「JIMAKU Mate」の提供を始めています。

2019年は、外国人観光客・外国人労働者ともに増加することが確実であるため、両者をターゲットにした様々な翻訳サービスが登場することが期待されます。

「外国人労働者」関連銘柄2019!入管法改正で4月から枠が広がる!

2019.03.01

 

2-2.翻訳ビジネスに力を入れている企業をピックアップ!

では、翻訳ビジネスに力を入れている企業を見ていきましょう。

AI翻訳機「ポケトーク」を手掛ける【4344】ソースネクストには、依然として大きな注目が集まります。2019年3月8日の取引終了後には、「ポケトーク」シリーズの累計出荷台数が30万台を突破したと発表。

翻訳ビジネス関連銘柄の最右翼として必ず抑えておきましょう。

ソースネクストと並んで注目を集めるのが、自動翻訳サービスや専門翻訳など翻訳に特化した事業を展開する【6182】ロゼッタです。

チャート画像

 

ソースネクストは機械型翻訳機に強みを持つIT企業である一方、ロゼッタは機械翻訳から産業向け翻訳、通訳まで手掛ける翻訳特化型企業となっています。

また、音声翻訳技術に定評がある【2468】フュートレックにも注目です。同社は、音声翻訳システム「vGate Translate」を手掛けるほか、ダイキン工業や住友ゴム工業などに音声翻訳技術を提供していることでも知られています。

フュートレックと並んで音声認識に強みを持つ【3773】アドバンスト・メディアも、多言語音声翻訳アプリ「AmiVoice TransGuide」を手掛けています。

チャート画像

 

特許や医薬分野など専門性の高い翻訳に強みを持つ【2483】翻訳センターも、翻訳ビジネス関連銘柄として注目です。

 

★注目ポイント2
2019年は、2020東京オリンピックに向けてますます増加する外国人観光客と、入管法改正による外国人労働者の増加に関するニュースに注目。各企業が力を入れる自動翻訳や機械翻訳も要チェック。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

3.翻訳ビジネス関連銘柄リスト2019

2019年に注目の翻訳ビジネス関連銘柄リストを見ていきましょう。

3-1.注目の翻訳ビジネス銘柄紹介

銘柄株価主なサービス
【2468】フュートレック(低位株★)499円音声翻訳システム「vGate Translate」、音声翻訳技術を他社に提供
【2483】翻訳センター2,372円特許や医薬分野に強みを持つ産業翻訳大手
【3773】アドバンストメディア1,609円多言語音声翻訳アプリ「AmiVoice TransGuide」
【3808】オウケイウェイヴ1,888円翻訳サービス「OKWAVE 多言語ソリューション」
【3929】ソーシャルワイヤー1,059円傘下のトランスマートが翻訳サービスを手掛ける
【4344】ソースネクスト(低位株★)491円AI翻訳機「ポケトーク」
【6182】ロゼッタ2,080円AI翻訳機、産業向け翻訳など
【6541】グレイステクノロジー2,075円技術翻訳
【7812】クレステック1,395円家電製品や自動車などのマニュアル翻訳
【9474】ゼンリン2,847円多言語地図

※株価は2019年3月8日終値で算出

 

★注目ポイント3
翻訳ビジネス関連銘柄はそれほど多くなく、IT企業を始めとする新興企業が多い。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

4.まとめ

 

翻訳ビジネスは、関連銘柄はあまり多くはないものの、AI翻訳機「ポケトーク」を手掛けるソースネクストの株価が「ポケトーク」の発表から1年で5倍以上になるなど注目テーマになりつつあります。

日本では、外国人観光客の更なる増加が見込まれ、また入管法改正によって外国人労働者も増加することが確実であることから、プライベートビジネスのいずれにおいても翻訳需要が高まるのは確実です。

翻訳需要の高まりとともに、有力企業の翻訳ビジネスや翻訳サービスへの参入も考えられます。

以上のことから、外国人観光客や外国人労働者に関するニュースに合わせ、翻訳ビジネス関連の動向にもアンテナを張り注目銘柄はチェックしておきましょう。

 

為になったらぽちっとシェア!