「水ビジネス」関連銘柄!世界の水不足は深刻で市場規模拡大は間違いなし!

 

 新興国を中心とした人口増加と経済成長を背景に、世界の水ビジネスが急成長しています。

水ビジネス関連銘柄の株価も堅調に推移し

【4642】オリジナル設計2.46倍
【3024】クリエイト1.66倍の動きが見られます。

世界の水需要は今後も右肩上がりとなることは確実であり、日本企業もニッチ分野で存在感を発揮しつつあります。

今回は、そんな水ビジネス関連銘柄に注目していきましょう!

1.水ビジネス関連銘柄に期待

 今回は、世界的に需要が拡大する水ビジネスに関連した銘柄に注目していきます。

1-1.水ビジネスとは?

水ビジネスとは
水を扱う事業全般のことを指します。具体的には、上下水道関連事業や産業用水関連事業、農業用水関連事業、ミネラルウォーター、家庭用水機器といった事業が挙げられます。

今回、水ビジネスとして注目するのは、この中でも市場規模が大きい上下水道関連事業産業用水関連事業です。

水が豊富な日本に住んでいると実感が湧きませんが、人口増加や経済成長が進む新興国では水の需要が急増しつつあり、深刻な水不足に陥っている地域が少なくありません。

地球上の水のほとんどが海水であり、飲み水や産業用水として利用できる淡水は地球上の水のわずか0.01%に過ぎません。

そのため、水ビジネス市場は世界的に急成長セクターとなっています。

日本総合研究所が2014年に発表した「最近の水ビジネス市場と主要プレーヤーの動向」によると、世界の上下水道関連事業の市場規模は年々増加しており、2013年時点で50.3兆円となっています。

上下水道関連事業の内訳を見ると、水道事業運営が30.9兆円、管網敷設が11.2兆円、プラント建設が8.2兆円となっています。

これらの市場は成長セクターであり、水道事業運営は年平均+9.1%、管網敷設は年平均+3.3%、プラント建設は年平均8.6%で成長を遂げています。

また、産業用水関連事業の市場規模は2013年時点で5.3兆円と、上下水道に比べると小さいものの、年平均成長率は14.1%と高い成長率を誇っています。

 

1-2.水ビジネス関連銘柄にはどのような銘柄があるか?

 世界の水市場は、2025年には100兆円規模にまで成長すると言われており、世界中の投資家から大きな注目を集めています。

現在、世界3大水メジャーとして知られるのが、フランスのヴェオリア・ウォーターとスエズ、イギリスのテムズ・ウォーターです。この3社は「ウォーター・バロン」とも呼ばれている世界的大企業です。

残念ながら、日本にはこのクラスの水ビジネスを手掛けている企業はなく、急成長する世界の水市場の恩恵をほとんど享受できていないのが現状です。

ただ、急成長を遂げる水ビジネス市場の中には、日本企業が強みを持つニッチ分野もあります。

市場規模が大きい上下水道事業では、オゾン処理や膜処理、汚水処理といった分野では日本企業が強みを持っています。

また、淡水化技術でも日本企業は強みを持っており、海水を淡水化するために使われる濾過膜では、日東電工、東レ、東洋紡の3社が世界シェアの半分弱を占めています

その他には、海水淡水化用ポンプで酉島製作所が世界シェアの4割を占めているなど、ニッチ分野で日本企業に商機があると見られています。

 

★注目ポイント1
 新興国の人口増加や経済成長を背景に、世界の水ビジネス市場は急速に拡大している。日本には水メジャーのような世界的企業はないが、ニッチ分野で存在感を発揮する日本企業は多い。

2.水ビジネス関連銘柄の推移

 水ビジネス関連銘柄の動向を見ていきましょう。

2-1.プラント事業や水処理装置を手掛けるオルガノ

 プラント事業や水処理装置を手掛ける【6368】オルガノは、水ビジネス関連銘柄の代表的な銘柄です。

同社は、プラント事業や水処理設備のソリューション事業を手掛けている他、電力・半導体向け純水製造装置に強みを持つことで知られています。

同社の株価は、2017年8月には2,680円を付けていましたが、2018年1月には3,900円まで上昇しました。

この1年で最大+45%の上昇となっています。ただ、高値を付けてからは下落しており、2018年8月現在は3,000円前後にまで値を落としています。

 

2-2.汚水処理技術に強みを持つ荏原実業

 用水処理や排水処理関連事業を手掛けている【6328】荏原実業は、汚水処理に強みを持つ銘柄として注目です。

同社が持つ技術としては、「膜分離活性汚泥法」という汚水処理技術が特に注目されています。

同社の株価は、2017年8月には1,587円を付けていましたが、この1年堅調に上昇しており、2018年4月には2,480円の高値まで上昇しています。

この1年で最大+56%の上昇となっており、2018年8月現在も2,400円前後の高値圏で推移しています。

 

2-3.管工機材の専門商社クリエイト

 配管資材や排水設備機器などの管工機材の専門商社である【3024】クリエイトは、この1年で大きく買われています。

同社の株価は、2017年8月には555円と停滞していましたが、2018年に入ってから大きく上昇していき、2018年2月には一時900円まで上昇しました。

この1年で最大+62%の上昇となり、2018年8月現在は800円前後で推移しています。

 

2-4.上下水道コンサルティングのオリジナル設計

 上下水道や水質保全に強い建設コンサルティングの【4642】オリジナル設計も、水ビジネス関連銘柄として注目の銘柄です。

同社の株価は、2017年8月には492円の低位株でしたが、ジワジワと上昇していき、2018年1月には一時1,184円まで上昇しました。

この1年で最大2.4倍の上昇となり、2018年8月現在は900円前後で推移しています。

水ビジネス関連銘柄を4銘柄見てきましたが、外需・内需問わず、幅広い業種の水ビジネス関連銘柄がこの1年で値上がりしていることが分かります。

 

★注目ポイント2
 水ビジネス関連銘柄は、プラント、汚水処理、専門商社、上下水道コンサルティングと、幅広い業種の銘柄が堅調に上昇している。

3.主要水ビジネス関連銘柄チェックリスト

 水ビジネス関連銘柄より厳選した注目株をチェックしておきましょう。

銘柄株価主なサービス
 【2325】NJS1,738円  上下水道コンサルティング
 【3024】クリエイト799円  排水・汚水関連管工機材の卸売
 【3101】東洋紡1,876円  淡水化用濾過膜
 【3402】東レ809.7円  淡水化用濾過膜
 【4642】オリジナル設計935円  上下水道コンサルティング
 【6326】クボタ1,661.5円  プラント建設
 【6328】荏原実業2,266円  汚水処理(膜分離活性汚泥法)
 【6331】三菱化工機1,864円  汚水処理(膜分離活性汚泥法)
 【6332】月島機械1,496円  汚水処理装置
 【6363】酉島製作所1,054円  海水淡水化用ポンプ
 【6368】オルガノ2,954円  水処理装置
 【6403】水道機工2,403円  膜処理機器
 【6988】日東電工8,355円  淡水化用濾過膜
 【7925】前澤化成工業1,199円  上下水道機材
 【9551】メタウォーター2,998円 オゾン発生装置

※株価は2018年8月17日終値で算出

★注目ポイント3
 水ビジネス関連銘柄を抽出してみると、水ビジネスのニッチ分野を手掛けている銘柄が数多く並ぶ。

4.水ビジネス関連銘柄の上昇率ランキングTOP3!

 過去1年間の安値から高値までを算出し、最も上昇率の高かった水ビジネス関連より上位3銘柄を発表致します。

※2017年8月17日~2018年8月17日の1年で算出

 

4-1.第1位【4642】オリジナル設計

チャート画像
上昇率 2.46倍(安値:480円 → 高値:1,184円)
市場 東証二部
RSI 60.31(やや買われている)
 

4-2.第2位【3024】クリエイト

チャート画像
上昇率 1.66倍(安値:540円 → 高値:900円)
市場 ジャスダック
RSI 61.08(やや買われている)
 

4-3.第3位【6328】荏原実業

チャート画像
上昇率 1.62倍(安値:1,525円 → 高値:2,480円)
市場 東証一部
RSI 43.63(やや売られている)

※RSIは2018年8月17日終値より算出

★注目ポイント4
 水ビジネス関連の上昇率を見ると、トップは【4642】オリジナル設計の2.4倍。どの銘柄も堅調な動きで特に大きな動きは見られないが、上位銘柄は今後の動きに注目しておきたいところ。

5.まとめ

 水ビジネス関連銘柄は、プラント、汚水処理、専門商社、下水道コンサルティングといった幅広い業種の銘柄がこの1年で堅調な値上がりを見せています。

人口増加や経済成長を背景とした世界の水不足は深刻であり、水ビジネス市場が今後更に拡大していくことは間違いありません

水メジャーのような世界的存在感を持つ企業は東証にはないですが、これからもニッチ分野を中心に日本企業が商機を拡大していくことが期待されます。

水メジャーの日本進出や水関連の法整備といった水ビジネス関連ニュースは、チェックしておきましょう。

 

為になったらぽちっとシェア!