ブロックチェーン関連銘柄は持ち直しの動きあり。「リブラ」の動向に注目しよう!

この記事のURLをコピーする

仮想通貨バブルに沸いた2017年に比べると、ここ2年ほどはブロックチェーンや仮想通貨はマーケットでそこまで大きく注目されるテーマではなくなってきています。

ただ仮想通貨バブルが崩壊した2018年に比べると、2019年に入ってからはブロックチェーンや仮想通貨は持ち直しの動きが出てきていると言えます。

ブロックチェーン関連で特に大きな注目を集めるのは、アメリカのIT大手Facebookが手掛ける仮想通貨「リブラ(Libra)」の動向です。

仮想通貨「リブラ」は、独自のブロックチェーン技術を使って開発されており、銀行口座を持たない人でも金融サービスを利用できるようにすることを目的に開発されました。

仮想通貨「リブラ」は、VISAやMasterCardを始めとする多くのグローバル企業が支持しており、日本でもマネックスグループが参加を表明しています。

今回はそんなブロックチェーン関連銘柄について解説していきます。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

1.ブロックチェーンとは

2017年はビットコインを始めとする仮想通貨バブルに沸いた1年となりましたが、それを支えているのがブロックチェーン技術です。

1-1.仮想通貨を支えるブロックチェーン技術

ブロックチェーンとは、複数のコンピューターがネットワーク上で公開鍵暗号などの暗号技術を用いて電子情報を記録する、分散型台帳のことです。

ネットワーク上で複数の参加者がブロックチェーン技術によって情報を共有でき、互いに監視しながら情報が記録される仕組み。

中央で集中処理してきた従来の電子取引と比較しても、信頼性を確保したうえで運用コストが大幅に削減できるというメリットがあります。

この性質からブロックチェーンは金融(フィンテック)での活用が特に期待されており、メガバンクから新興企業に至るまで多くの企業がブロックチェーン関連の技術開発に取り組んでいます。

特に、近ごろ大きな話題を集めている仮想通貨「ビットコイン」の根幹に使われている技術であることでも広く知られています

信頼性が高く、大幅なコスト削減が実現出来ることから、今後は金融(フィンテック)だけでなく幅広い産業での活用が期待されている技術です。

1-2.ブロックチェーンの可能性は無限に広がる

ブロックチェーンの活躍が今最も期待されているのは、金融(フィンテック)の分野です。

例えば、仮想通貨により国際送金や支払いに掛かる手数料送金時間の削減など、従来の銀行機能を低コストで運用できると期待されています。

分散型ネットワークを用いるブロックチェーンとの親和性が高いことからIoT市場でも注目され、不動産取引や保険記録の管理などにも導入されるでしょう

このように、安全性をさらに高めることができれば公的記録などの国民データまで扱うようになり、将来性はかなり高いものとなっています。

深刻化する人口減少による労働力不足が避けられない日本では、ブロックチェーン技術を活用した効率的な社会運営は重要なテーマとなるかもしれません。

ブロックチェーンは仮想通貨やフィンテックとの関わりが深いため、関連銘柄を物色する際は幅広い業種にアンテナを張っておきましょう。

フィンテック関連銘柄!今後本命の主要15銘柄をピックアップ!

2018.02.08
★注目ポイント1
 ビットコインの根幹となるブロックチェーン技術は、今後金融分野だけでなく幅広い産業での活躍が期待されている。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

 2.ブロックチェーン関連銘柄の株価推移

ブロックチェーン関連銘柄の動向を抑えておきましょう。

2-1.ブロックチェーンを活用したトレーディングカードを開発!【3624】アクセルマーク

 

スマホゲームやスマホ向け広告を手掛ける【3624】アクセルマークは、ブロックチェーン関連銘柄としても買われています。

同社は、ブロックチェーンを活用したトレーディングカードゲーム「コントラクトサーヴァント -CARD GAME-」を開発していることで知られます。

2019年8月5日には、同ゲームのオープンβテストを実施すると発表し、株価は一時ストップ高となりました。

ただ、ブロックチェーンゲームを発表したことで株価は一時ストップ高となったものの、中長期的には株価は下落トレンドとなっており、2019年初めに655円を付けていた株価は、2019年10月現在は550円前後で推移しています。

少なくとも同社の場合は、ブロックチェーンに関するニュースは中長期的に買われる材料にはなっていないと言えます。

2-2.仮想通貨「リブラ」への参加を発表!【8698】マネックスグループ

 

ネット証券大手のマネックス証券を運営する【8698】マネックスグループは、ブロックチェーンや仮想通貨関連銘柄として期待される銘柄です。

同社は、2018年に仮想通貨取引所「コインチェック」を子会社化しており、2019年7月26日の決算発表時に仮想通貨「リブラ」への参加を表明しています。

同社の株価は、仮想通貨「リブラ」への参加表明前の7月25日には341円を付けていました。決算発表や「リブラ」参加を受けて翌日は乱高下しましたが、中期的にはその後は大きく下落しています。

2019年10月現在は250円前後で推移しており、仮想通貨「リブラ」への参加表明は投資家の間では買い材料となっているとは言えないようです。

 

★注目ポイント2
 2017年は金融(フィンテック)に絡むブロックチェーン関連銘柄の上昇が目立っている印象。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

3.ブロックチェーン関連銘柄チェックリスト

ブロックチェーン関連銘柄より厳選の注目株をチェックしていきましょう。

銘柄主なサービス
【2307】クロスキャット金融システム開発
【2315】カイカ(★低位株)金融システム開発
【2489】アドウェイズ(★低位株)クラウドサービス
【3690】ロックオンECサイト向けブロックチェーン
【3691】リアルワールドクラウドメディア向け仮想通貨
【3696】セレス仮想通貨発掘事業
【3778】さくらインターネットクラウドサービス
【3807】フィスコ(★低位株)仮想通貨取引所
【3853】インフォテリア仮想通貨事業(仮想通貨「Zen」)
【3917】アイリッジ仮想通貨事業(地域通貨)
【4284】ソルクシーズクラウドサービス
【4814】ネクストウェア(★低位株)ブロックチェーン技術開発のシビラ社と業務提携
【6634】ネクスグループ(★低位株)テックビューロ社と共同でブロックチェーン事業
【8473】SBIホールディングス仮想通貨事業
【9417】スマートバリュー地方自治体向けクラウドサービス

 

★注目ポイント3
 成長市場であるブロックチェーン関連銘柄には、まだ出遅れ低位株が多いため投資チャンスが溢れている。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

 4.おすすめのブロックチェーン関連銘柄3選

おすすめのブロックチェーン関連銘柄を3銘柄見ていきましょう。

【2307】クロスキャット

チャート画像
市場東証一部
企業概要金融システム開発に強いシステムインテグレーター

クロスキャットは、ブロックチェーン技術者の育成に力を入れる方針を打ち出していることから、ブロックチェーン関連銘柄として注目されます。

また同社はクレジット決済などの金融システム開発に強いことから、いま話題のキャッシュレス関連銘柄としても買い安心感があります。

【8698】マネックスグループ

チャート画像
市場東証一部
企業概要ネット証券大手「マネックス証券」を運営。仮想通貨取引所「コインチェック」を傘下に

仮想通貨取引所「コインチェック」を傘下とし、Facebookの仮想通貨「リブラ」への参加を表明しているマネックスグループは、ブロックチェーン関連銘柄として外すことはできません。

現時点では、仮想通貨「リブラ」は投資家にとって買われる材料にはなっていませんが、2020年末とも言われるローンチ日が決まれば材料になる可能性は十分にあります。

仮想通貨「リブラ」の動向とともに、同社の株価動向には注目しておきましょう。

【3825】リミックスポイント

チャート画像
市場東証二部
企業概要仮想通貨取引所「ビットポイント」を運営

リミックスポイントは、仮想通貨取引所「ビットポイント」を運営していることから、ブロックチェーンや仮想通貨関連銘柄として注目されます。

ただ、仮想通貨取引所「ビットポイント」では2019年7月16日に35億円相当の仮想通貨流出が起きたことから、株価は大きく下落しており、200円以下の超低位株(ボロ株)となっています。

一獲千金を狙うボロ株投資をするならおすすめですが、リスク管理には気を付けておきましょう。

5.まとめ

 

ブロックチェーンが人々の生活に革新をもたらす日はそう遠くないため、本格化に合わせた関連銘柄の動向はしっかりとチェックしておきましょう。

また仮想通貨「リブラ」は、法定通貨の既得権益を侵害するものであることから、アメリカやEUの中央銀行は猛反発しており逆風も強くなっています。

仮想通貨「リブラ」に賛同していたアメリカの決済企業大手PayPalの脱退が報じられるなど、先行きは不透明です。

今後は2020年末とも言われる仮想通貨「リブラ」のローンチ日がいつになるのかが大きな注目を集めることになりそうです。

為になったらぽちっとシェア!