緊急事態宣言を受けて買われる関連銘柄は?外出自粛に強い銘柄を抑えておこう!

この記事のURLをコピーする

2020年4月7日、政府は7都府県に1ヶ月の緊急事態宣言を発令しました。

今回の緊急事態宣言では、海外のような都市封鎖(ロックダウン)がされることはありませんが、外食や観光、エンタメ産業などではさらなる経済活動の低下に繋がることは確実です。

一方、スーパーやドラッグストア、携帯キャリアといった日常生活に必要な業種は緊急事態宣言の影響は受けず、むしろ新型コロナウィルス禍で株価は上昇傾向にあります。

緊急事態宣言に強い関連銘柄に注目していきましょう!

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

1.緊急事態宣言関連銘柄とは?

 

2020年4月7日、新型コロナウィルス感染拡大を受けて、緊急事態宣言が発令されました。

1-1.緊急事態宣言とは?

政府は、2020年4月7日、新型コロナウィルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令しました。

緊急事態宣言は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都県に出され、期間は5月6日までの1ヶ月となります。

緊急事態宣言が出されたことによって、各都府県は、不要不急の外出自粛や施設・店舗の使用制限を要請できるようになり、臨時の医療施設を作るための土地や建物の使用ができるようになります。

ただ、緊急事態宣言による外出自粛や店舗の使用制限はあくまで要請に留まり、海外が実施しているような都市封鎖(ロックダウン)のような強制力はありません。

また、食料・日用品の買い物や医療機関への通院、職場への出勤といった社会生活を営む上で必要な活動は制限されず、公共交通機関も通常通りの運行となります。

つまり緊急事態宣言は、これまでの自粛要請の強化に過ぎないということが実態です。

とはいえ、いつ日本で欧米のような感染爆発が起きてもおかしくない状況であるとの危機感が多くの国民に共有されていることは間違いなく、感染封じ込めに大きな効果を発揮するものと見られます。

その一方で、緊急事態宣言によって自粛がさらに強化されるということは、経済活動のさらなる低下を招くこととイコールなのは間違いありません。

1-2.緊急事態宣言で注目されるセクターは?

緊急事態宣言によって、大きな経済的被害を受ける業種と、逆に特需が発生しそうな業種についてまとめておきましょう。

東京都は、緊急事態宣言を受けて、教育施設や運動施設、映画館やライブハウス、ナイトクラブやカラオケ店などに休業を要請すると発表しています。

つまり、外食や観光、エンタメ産業といった、新型コロナウィルスの自粛要請で既に大きな被害を受けている業種は、緊急事態宣言を受けてさらに被害が拡大することは避けられない情勢です。

一方で、スーパーやコンビニ、ドラッグストアといった生活に必要な食料・日用品を販売する業種は、これまで通りの営業を続けられます。

またスーパーやドラッグストアは、マスクや食料品の買いだめをする人が殺到しており、特需が発生しつつあります。

同様に携帯電話や電力・ガスといった日常生活を維持するためのインフラは止まることもありません。

以上をまとめると、緊急事態宣言下においては、スーパーやドラッグストア、携帯キャリアといった日常生活を維持していくために必要なセクターに注目が集まりそうです。

これらの銘柄は、非常時に業績が下がりづらいことからディフェンシブ銘柄に位置付けられていますが、新型コロナウィルス禍の状況においては、ディフェンシブ銘柄としての強みを発揮しそうです。

★注目ポイント1
・2020年4月7日、政府は7都府県に1ヶ月の緊急事態宣言を発令した。
・緊急事態宣言では、スーパーやドラッグストア、携帯キャリアといったディフェンシブ銘柄が強い!?

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

2. 緊急事態宣言関連銘柄の株価動向

 

2020年4月7日の緊急事態宣言を受けて大きく上昇した銘柄を見ていきましょう。

2-1.「業務用スーパー」を展開する成長小売株!【3038】神戸物産

格安スーパー「業務用スーパー」を展開する【3038】神戸物産は、緊急事態宣言を受けて大きく買われた銘柄です。

同社は、緊急事態宣言が発令された翌日の2020年4月8日に+7.00%もの大きな上昇を遂げて、上場来高値を更新しました。

緊急事態宣言を受けた買いだめ需要の高まりから業績が拡大することが好感されたようです。

同社の株価は、業務用スーパーの業績拡大とともに上昇し続けており、新型コロナウィルス禍でも年初来高値を更新し続けることが期待されます。

 

2-2.出前需要増への期待から急伸!【2484】出前館

飲食店向け出前仲介サイト「出前館」を展開する【2484】出前館も、緊急事態宣言を受けて大きく買われた銘柄です。

緊急事態宣言を受けて営業自粛をする外食チェーンも増えてきていますが、その一方で出前(デリバリー)やドライブスルーなどの需要は急増するものと見られます。

同社は緊急事態宣言が発令された翌日の2020年4月8日に+7.31%と大きく買われました。

今後の株価動向にも注目が集まります。

なお、ドライブスルーに強い【2702】日本マクドナルドホールディングスは、緊急事態宣言を受けて+1.00%の上昇となっています。

巣ごもり関連銘柄を抑えておこう!休校要請で消費が急加速!

2020年3月5日
★注目ポイント2
・緊急事態宣言の発令を受けて、スーパーや出前(デリバリー)などの関連銘柄が大きく買われた。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

3.緊急事態宣言関連銘柄リスト

 

銘柄主なサービス
【2484】出前館出前仲介サイト「出前館」
【2702】日本マクドナルドファーストフードチェーン「マクドナルド」、ドライブスルーに強み
【3038】神戸物産格安スーパー「業務用スーパー」
【3141】ウエルシアドラッグストア「ウエルシア薬局」
【3349】コスモス薬品ドラッグストア「ディスカウントドラッグコスモス」
【3382】セブン&アイHDコンビニ「セブンイレブン」
【4755】楽天ネット通販大手「楽天市場」、携帯キャリアに参入
【9437】NTTドコモ携帯キャリア
【9433】KDDI携帯キャリア
【9434】ソフトバンク携帯キャリア

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

4.オススメの緊急事態宣言関連銘柄3選

 

緊急事態宣言下に強いオススメ関連銘柄3銘柄を抑えておきましょう。

【3141】ウエルシアホールディングス

チャート画像
市場東証一部
企業概要ドラッグストア「ウエルシア薬局」を展開する。

ドラッグストアは、スーパーと同様に緊急事態宣言でも営業されるとのことです。ドラッグストア株は、マスクやアルコール消毒液などの需要が高まっていることからも大きく買われています。

ドラッグストア大手のウエルシアホールディングスや【3349】コスモス薬品は、2020年2月から3月に掛けての世界株安では下げたものの、その後の反発で年初来高値を更新しています。

ドラッグストアは高齢社会に強い成長セクターで、リスクが小さいディフェンシブ銘柄でもあるため、これから投資を始める初心者にもおすすめです。

【9434】ソフトバンク

チャート画像
市場東証一部
企業概要携帯キャリア、ソフトバンクグループの柱。

携帯キャリア3社は、新型コロナウィルスによる世界株安でもほとんど値下がりしていません。ソフトバンクは、携帯キャリア3銘柄の中で最も配当利回りが高く、配当利回り6%という驚異的な値となっています。

初心者から上級者まで全ての投資家におすすめのディフェンシブ高配当銘柄です。

【4755】楽天

チャート画像
市場東証一部
企業概要ネット通販大手「楽天市場」を展開、携帯事業への参入でも注目される。

ネット通販は、外出自粛による巣ごもり消費で特需が発生しており、緊急事態宣言によるさらなる外出自粛で恩恵を受けることが期待されます。

このため、ネット通販大手の楽天には必然的に注目が集まります。ネット通販(eコマース)は、外出自粛による特需がなくとも年率+8%の成長を続けている成長セクターであるため長期投資におすすめです。

今すぐ完全テンバガー狙い銘柄を受け取る!

5.まとめ

緊急事態宣言が出された翌日2020年4月8日の日経平均株価は終値で+403円の値上がりとなりました。

緊急事態宣言が出されることで、経済活動はより低下することが確実ではあるものの、マーケットでは新型コロナウィルスの感染拡大を食い止める効果の方が好感されたようです。

新型コロナウィルス禍の世界株安では多くの銘柄が下落していますが、ドラッグストアや携帯キャリアといった日常生活に欠かせない業種はむしろ上昇しており、二極化しています。

緊急事態宣言下でも強いドラッグストアや携帯キャリアは、リスクが低いディフェンシブ銘柄でありながら成長セクターでもあるため、投資初心者に最もおすすめできるテーマ株です。

緊急事態宣言に関連するニュースには引き続き注目しておき、緊急事態宣言関連銘柄の動向は要チェックしておきましょう。

コロナウィルスによる暴落相場は仕込み時?仕込んでおくべき銘柄について解説!

2020年3月9日

為になったらぽちっとシェア!