ストライプインターナショナルの上場(IPO)はいつになる?若者向けアパレル企業に注目

この記事のURLをコピーする

女性向けファッションブランド「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」でも知られるアパレル企業ストライプインターナショナルのIPOに大きな注目が集まっています。

ストライプインターナショナルは2016年中のIPOを目指していましたが、IPOは現在まで先送りされ続けており、いつIPOに関する具体的な情報が出てきても不思議ではありません。

ストライプインターナショナルのIPO観測情報に注目していきましょう!

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

1.ストライプインターナショナルの上場(IPO)に期待

岡山発祥のアパレル企業ストライプインターナショナルのIPOに注目していきましょう。

1-1.ストライプインターナショナルとは?

ストライプインターナショナルは、岡山県岡山市発祥のアパレル企業です。

鈴木京香さんや広瀬すずさんが出演するCMでもお馴染みの女性向けファッションブランド「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」で知られています。

ストライプインターナショナルは、長らく「クロスカンパニー」という社名でしたが、2016年3月に社名を変更しています。

「クロスカンパニー」から「ストライプインターナショナル」へと社名変更をした理由は、事業の多角化や海外展開を強化するためです。

ストライプインターナショナルは、女性向けファッション事業を中心に、ボディーケア用品や食品事業など事業の多角化を進めています。

2015年4月には宅配クリーニング事業を行う「バスケット株式会社」を完全子会社化しており、2018年2月にはホテル併設型グローバル旗艦店「hotel koe tokyo」をオープン。

主力のファッション事業においても、子供服ECモールを運営する「スマービー」、北海道・東北に地盤を持つ婦人服企業「アルファベットパステル」を傘下に収めるなど、積極的なM&Aによって事業を拡大しています。

2019年9月にはベトナムのシューズ・バッグメーカー「GFT」を買収するなど、海外M&Aにも積極的です。

また、日常着のレンタルサービス「mechakari(メチャカリ)」というスマホ時代のアパレル新事業も展開しています。

1-2.ストライプインターナショナルのIPO観測情報は?

ストライプインターナショナルの2018年度の連結売上高は1,364億円に上っていることからも、多くの投資家からIPOが期待されています。

そもそもストライプインターナショナルは、社名変更後の2016年中に東証一部に上場することを計画していました。

しかし事業基盤を安定させるため国内外のM&Aを進めることを優先してきた結果、上場が先送りになってきたという経緯があります。

2018年頃には、先送りしてきた上場計画を再開するという情報がいくつかの経済メディアから出てくることもありましたが、2019年12月現在にもIPO観測情報は具体的にはなっていないようです。

とはいえ、東証一部への上場のために社名変更をしたという経緯があることからも、ストライプインターナショナルのIPOが突然発表されても不思議ではありません。

ストライプインターナショナルのIPO観測情報の続報にはアンテナを張っておきましょう。

★注目ポイント1

・ストライプインターナショナルは、「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」で知られるアパレル企業。近年は、事業の多角化や海外展開を進めている

・2016年に東証一部にIPO予定だったが、2019年12月時点でも具体的なIPO観測情報は出ていない

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

2.ストライプインターナショナル関連銘柄の推移

ストライプインターナショナルのIPOで注目される可能性が高い銘柄を抑えておきましょう。

2-1.ストライプインターナショナルと戦略的パートナーシップ!【8016】オンワード

女性向けファッションブランド「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」を柱とするストライプインターナショナル関連銘柄としては、アパレル関連銘柄が挙げられます。

総合アパレル最大手の【8016】オンワードホールディングスは、アパレル関連銘柄としても注目の銘柄です。

2018年7月、ストライプインターナショナルとオンワードは戦略的パートナーシップを結んだことを発表しました。

両社が運営するECモール「ストライプデパートメント」と「オンワード・クローゼット」に双方の基幹ブランドを相互出店し、リアル店舗でのコラボレーションも充実させることなどが発表。

ストライプはショッピングセンター流通・F1層(20~34歳)の顧客を主力とする一方で、オンワードは百貨店流通・F2層(35~49歳)の顧客を主力とすることからシナジー効果が期待されます。

2-2.若い女性向けアパレル関連銘柄!【3185】夢展望

アパレル関連銘柄は数多いですが、対象とする年齢層によってさまざまな銘柄があります。

ストライプインターナショナルが手掛ける「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」は、若い女性向けのアパレルブランドです。

このため、ストライプインターナショナルがIPOすることになれば、同じく若者向けのアパレル関連銘柄が買われることが想定されます。

アパレル通販サイト「夢展望」を運営する【3185】夢展望は、若者向けアパレル関連銘柄の代表的銘柄です。

この他にも、【2685】アダストリアや【2726】パルグループホールディングスなども、若い女性向けのアパレル関連銘柄となります。

★注目ポイント1

・ストライプインターナショナル関連銘柄としては、アパレル関連銘柄に注目

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

3.ストライプインターナショナル関連銘柄リスト

【2685】アダストリア「グローバルワーク」「ローリーズファーム」などを展開する女性向けアパレル大手
【2726】パルグループ「3コインズ」など若者向けアパレルブランドを展開
【3092】ZOZO衣料品通販サイト「ZOZOTOWN」運営
【3185】夢展望若い女性向けアパレル通販サイト「夢展望」を運営
【3415】TOKYO BASE衣料品セレクトショップ「STUDIOUS」「UNITED TOKYO」を展開
【3548】バロックジャパンリミテッドMOUSSY」や「SHEL’TTER」など女性向けアパレルブランドを展開
【7606】ユナイテッドアローズセレクトショップ大手「ユナイテッドアローズ」を展開
【8016】オンワード総合アパレル大手、ストライプインターナショナルと戦略的パートナーシップ
【9983】ファーストリテイリング衣料品チェーン「ユニクロ」「ジーユー」を展開
【9984】ソフトバンクグループストライプインターナショナルと合弁企業「株式会社ストライプデパートメント」を設立

今すぐ厳選テンバガー狙い銘柄を受け取る!

4.まとめ

ストライプインターナショナルは2016年にIPOのために社名変更までしたものの、現在までIPOは先送りされ続けています。

日本国内では少子化による人口減少によってアパレル企業は苦境が続いており、ネット通販大手のZOZOがZホールディングス(ヤフー)に買収されるなど業界再編の動きが加速しています。

若い女性向けファッションを手掛けるストライプインターナショナルも、M&Aや多角化などで事業拡大していく必要があるため、資金調達目的で具体的なIPO情報が出てきてもおかしくありません。

ストライプインターナショナル関連銘柄としてはアパレル関連銘柄が挙げられますが、投資家の注目はストライプインターナショナルのIPO一点に絞られていると見てよさそうです。

ストライプインターナショナルのIPO観測情報にはアンテナを張っておきましょう!

為になったらぽちっとシェア!