「次世代技術」×「低位株」=19銘柄!500円以下の低位株をピックアップ!

2018年8月10日終値で低位株を算出

5Gやロボット、ドローン、3Dプリンターといった次世代技術関連銘柄が、マーケットで投資家から大きな注目を集めています。

次世代技術関連銘柄の低位株は、一度大きな注目を集めたら一気に暴騰することが多く、低位株投資に適したテーマ株であると言えます。

今回は、そんな次世代技術関連銘柄の中から500円以下の低位株を抽出してみました。

全19銘柄の低位株に注目してみましょう!

 

1.次世代技術と低位株

5Gやロボット、ドローンといった次世代技術関連銘柄の低位株に注目していきましょう。

1-1.次世代技術関連銘柄とは?

今回は、人類の未来を変えることが期待される次世代技術関連銘柄を、500円以下の低位株に絞って見ていきます。

次世代技術とは
現在の基盤技術の代替として、次に現れることが予測されている技術のことです。

現在注目されている次世代技術としては、5Gやロボット、ドローン、3Dプリンタなどが挙げられます。

今回は、投資家からも大きな注目を集める、この4つの次世代技術を中心に、次世代技術関連銘柄を見ていきます。

 

  • 5Gとは、高速・大容量通信を実現するための次世代通信規格のことです。IoT社会や自動運転を実現するためには欠かせない次世代技術として注目されています。

【国策】5G関連銘柄!2018年重要セクターの5Gは上昇ポテンシャル高し!

2018.02.07

 

  • ロボットは、日本企業が強みを発揮する次世代技術です。ロボット技術は日々進歩しており、人手不足対策の切り札としても注目されます。また、AIとの親和性が高いことからも期待されます。

ロボット関連株トップ3!上昇率トップの株と2018年の注目株をチェック!

2017.12.25

 

  • ドローンとは、無人で飛行可能な航空機のことです。遠隔操作やコンピューター制御による自律型飛行が可能で、警備や商品配送などへの応用が期待されています。

重要テーマと絡むドローン関連銘柄!材料豊富で2018年も物色対象に!

2018.01.24

 

  • 3Dプリンタとは、3次元データをもとにして、樹脂などの素材を加工して3次元モデルを造形する装置のことです。現在は産業用用途が中心ですが、医療や教育分野での応用が期待されています。

「3Dプリンター」関連銘柄!2018年急成長を見せる「医療用」に注目!

2018.07.18

 

1-2.「次世代技術」×「低位株」

次世代技術関連銘柄の低位株は、マーケットで一度注目されると、一気に暴騰することが特徴であると言えます。

例えば、5G関連の低位株では、自動車用アンテナに強い【6904】原田工業が低位株から暴騰しています。

同社の株価は、2016年半ばまでは、200円から400円までの間を行ったり来たりしていました。

しかし、5Gが大きな注目を集めるようになったことで、自動車用アンテナに強い同社は、5Gや自動運転との関わりが強い銘柄であることから多くの投資家から物色されることになりました。

同社の株価は、2016年8月初めには213円の低位株でしたが、注目を集めると同時に一気に上昇していき、2018年1月には1,431円にまで上昇しました。

この2年間で最大6.7倍の暴騰となりましたが、暴騰の反動からその後は下げており、2018年8月現在は850円前後で推移しています。大きく下げたとはいえ、それでもまだ2年前の4倍の水準です。

同じく5G関連では、車載アンテナに強い【6800】ヨコオも、2016年6月に付けていた477円から、2018年5月には2,380円にまで上昇しています。

この2年間で約5倍にまで暴騰したことになります。

このように、次世代技術関連銘柄の低位株は、一度注目を集めると暴騰する可能性が高いと言えます。

ただ、業績不振などの理由があって低位株に甘んじている銘柄も少なくないため、銘柄選定には細心の注意を払うように心掛けていきましょう。

 

 
★注目ポイント1
5Gやロボット、ドローン、3Dプリンタといった次世代技術関連銘柄の低位株は、一度火が付くと一気に暴騰することが多い。

2.「次世代技術」低位株リスト19銘柄!

次世代技術関連銘柄を500円以下の低位株に絞って見ていきましょう。

※株価は、2018年8月10日終値で算出

 

【8226】理経

チャート画像
市場東証二部
株価201円
主なサービス情報機器の専門商社。衛星通信技術に強みを持ち、5G、ドローン、3Dプリンター関連銘柄として注目される。


【4829】日本エンタープライズ

チャート画像
市場東証一部
株価222円
主なサービススマホ向けコンテンツ制作。有線ドローンによる設備点検も手掛ける。

 

【7992】セーラー万年筆

チャート画像
市場東証二部
株価257円
主なサービス万年筆の老舗メーカー。産業用ロボットも手掛ける。

 

【9232】パスコ

チャート画像
市場東証一部
株価265円
主なサービスセコム系の航空測量最大手。ドローンによる測量を手掛ける。

 

【6944】アイレックス

チャート画像
市場ジャスダック
株価294円
主なサービス通信システムに定評があるシステム開発会社。5G、自動運転関連銘柄。

 

【6798】SMK

チャート画像
市場東証一部
株価305円
主なサービスコネクターを中心に手掛ける部品メーカー。無線通信モジュールにも定評。

 

【7908】KIMOTO

チャート画像
市場東証一部
株価320円
主なサービス特殊フィルムメーカー。3Dプリンター関連銘柄としても注目される。


【6502】東芝

チャート画像
市場東証二部
株価334円
主なサービス総合電機メーカー。フラッシュメモリ事業売却で、収益の柱となる次世代事業を育成できるか?


【4392】FIG

チャート画像
市場東証一部
株価338円
主なサービス子会社のモバイルクリエイトは通信、石井工作研究所はロボットに強みを持つ。


【9972】アルテック

チャート画像
市場東証一部
株価345円
主なサービス特殊産業機器の専門商社。ロボットや3Dプリンターを手掛ける。


【6634】ネクスグループ

チャート画像
市場ジャスダック
株価375円
主なサービス機器間通信(M2M)事業を柱として、ロボット事業も手掛ける。


【6355】住友精密工業

チャート画像
市場東証一部
株価376円
主なサービス航空宇宙関連事業に力を入れる機械メーカー。ドローン関連銘柄。
 
 

【6507】シンフォニア テクノロジー

チャート画像
市場東証一部
株価395円
主なサービス搬送装置や制御機器、産業用ロボットを手掛ける。

【6888】アクモス

チャート画像
市場ジャスダック
株価401円
主なサービスITソリューション企業。子会社がドローンを使った監視システムを手掛ける。

【6091】ウエスコホールディングス

チャート画像
市場東証二部
株価407円
主なサービス西日本地盤の建設コンサルタント。子会社のNCPサプライが3Dプリンターを手掛ける。

 

【4240】クラスターテクノロジー

チャート画像
市場ジャスダック
株価462円
主なサービス樹脂製品を手掛ける化学メーカー。バイオ3Dプリンターで注目。

 

【6633】C&Gシステムズ

チャート画像
市場東証二部
株価463円
主なサービス金型CAD・CAMソフトの開発を手掛ける3Dプリンター関連銘柄。

 

【6104】東芝機械

チャート画像
市場東証一部
株価476円
主なサービス射出成形機、ダイカストマシンなどを手掛けるロボットメーカー。

 

【6433】ヒーハイスト精工

チャート画像
市場ジャスダック
株価485円
主なサービス機械向け軸受け専門メーカー。3Dプリンター用部品も製造。

 

※株価は2018年8月10日終値で算出。

 

★注目ポイント2
500円以下の次世代技術関連銘柄を抽出してみると様々な業種に渡る。意外な業種の企業が次世代技術関連事業を手掛けていることも分かる。

3.番外編:「次世代技術」値嵩株トップ3!

ここからは、番外編として、株価の高い値嵩株トップ3をチェックしていきます。

株価の高い順にてランキング方式で発表!

※株価は、2018年8月10日終値で算出

 

1位【6861】キーエンス

 

チャート画像
市場東証一部
株価63,070円
主なサービスFA用センサーを主力とするファブレス企業。
注目ポイント世界的センサーメーカーで、工場を持たないファブレス経営も有名。センサーやIoT関連銘柄として期待される。業務用高精度3Dプリンター「アジリスタ」も手掛ける。

 

2位【6273】SMC

 

チャート画像
市場東証一部
株価37,840円
主なサービスFA空圧制御機器の世界トップメーカー。
注目ポイント制御機器に強いロボット関連銘柄。グローバル展開も進めていることで注目される。

 

3位【6954】ファナック

 

チャート画像
市場東証一部
株価21,710円
主なサービス産業用ロボットメーカー。NC装置は世界トップ。
注目ポイント日本を代表するロボットメーカー。世界中のスマホは同社のマザーマシンが製造していることで知られる。

※株価は2018年8月10日終値で算出。

★注目ポイント3
次世代技術関連銘柄の値嵩株トップ3は、技術大国日本を代表する大型株が占める。

4.まとめ

 

今回は、次世代技術関連セクターから5G、ロボット、ドローン、3Dプリンタという4つのテーマ株に注目しました。

現在、この中でも特に大きな注目を集めているのは、IoT社会や自動運転に欠かせない技術である5G。次いで、AIとの親和性が高いと期待されるロボットも大きな注目を集めています。

ドローンと3Dプリンタはやや注目度に陰りが出てきていますが、21世紀の人類社会を牽引する次世代技術になることはほぼ間違いありません。

それらのことからも、次世代技術関連銘柄の低位株動向はチェックしておきたいところです。

 

為になったらぽちっとシェア!