自動車セクターのNEWテーマ「コネクテッドカー」関連銘柄に注目!

 
 【7203】トヨタ自動車1.3倍【9417】スマートバリュー2.9倍

自動車版のIoT製品とも言えるコネクテッドカーが、自動車業界で大きな注目を集めています。

トヨタ自動車がコネクテッドカーには積極的に力を入れており、2018年6月26日にコネクテッドカーを発表

この動きは、自動車業界の大きなトレンドになっていく流れと見られています。

コネクテッドカー関連銘柄に注目していきましょう!

1.自動車版IoT製品「コネクテッドカー」

 自動車版のIoT製品ともいえるコネクテッドカーに大きな注目が集まっています。

1-1.車のIoT製品コネクテッドカーとは?

 今回は、次世代高速通信5Gとも深い関わりがあるコネクテッドカーに関連した銘柄に注目していきます。

コネクテッドカーとは
インターネットに常時接続した自動車のことです。車のIoT製品と考えると分かりやすいかと思います。

昨今大きな話題となっている自動運転車との違いは、コネクテッドカーはデータ通信をするに留まり、ブレーキやアクセルへの直接的な制御までは行わない点にあります。

コネクテッドカーは自動運転車の前段階であると考えられ、コネクテッドカーが進歩していくと最終的には完全自動運転車が実現すると期待されています。

自動車がインターネットに常時接続することによって、快適性や安全性の向上が期待でき、様々なサービスを受けることが可能になります。

コネクテッドカーによって実現するサービスとしては、交通事故時に自動的に緊急通報を行うシステム、運転評価によって保険料が変動するテレマティクス保険、盗難車両追跡システムなどが実用化されています。

一方では、ネットワーク経由でハッキングされるリスクも指摘されています。ハッキングリスクはIoT機器に共通していますが、人命に関わる自動車の場合は特に大きな課題になってきそうです。

市場調査を手掛ける富士経済によると、2014年のコネクテッドカーの世界市場は1,300万台となっており、2025年には6,500万台にまで市場拡大が進むと予測されています。

 

1-2.様々なテーマと関わりがあるコネクテッドカー

 コネクテッドカーは、現在マーケットでも注目されているセンサーや5G、ビッグデータといったテーマとも深く関わってくることで注目されます。

コネクテッドカーを始めとするIoT機器がクラウド上に送るデータはセンサーから取得するため、センサーは最重要になってきます。

例えば、交通事故のときに緊急通報を行うシステムでは、エアバッグや車両に搭載したセンサーが交通事故を感知して、警察や病院に通報を送る仕組みになっています。

これらの通信を行うために欠かせないのが安定した高速通信の実現であり、次世代高速通信5Gによって実現されることが期待されます。

コネクテッドカーからクラウドに送られたデータはクラウド上で処理されますが、ここでのデータ処理はビッグデータによって強化学習を積んだAIによって行われます。

コネクテッドカー市場にはIT企業の参入も予想されますが、自動車生産はノウハウの塊であるため参入障壁は未だ高く、主導するのは既存の自動車メーカーであると考えられます。

そんな中、トヨタはクラウンとカローラスポーツで史上初のコネクテッドカーを発表しており、コネクテッドカーが自動車業界の大きなトレンドになっていく流れは始まったばかりと見られています。

 

センサーの進化で未来が変わる!2018年注目の関連銘柄はこれだ!

2018.05.07

【国策】5G関連銘柄!2018年重要セクターの5Gは上昇ポテンシャル高し!

2018.02.07
★注目ポイント1
 コネクテッドカーとは、インターネットと常時接続した自動車のこと。センサーや5Gといった重要テーマと絡むことからも期待が集まる。

2.コネクテッドカー関連銘柄の動向をチェック

 この1年間のコネクテッドカー関連銘柄の動向を見ていきましょう。

2-1.コネクテッドカーを主導するトヨタ自動車

 まず何と言っても注目されるのは、日本を代表する自動車メーカー【7203】トヨタ自動車です。

同社は、KDDIやNTT、LINEと協業して、コネクテッドカーに実装する車載通信機器や通信プラットフォームの構築を進めているコネクテッドカーのリーディングカンパニーです。

カーナビとスマホを連動させることで自動車の遠隔操作を行える「T-Connect」は、多くのトヨタ車に搭載されています。

また、2018年6月26日には、クラウンとカローラスポーツの新車種が史上初のコネクテッドカーになることを発表しました。

同社の株価は、2017年6月には5,893円を付けていましたが、この1年上昇していき、2018年1月には一時7,806円まで上昇しました。

この1年で最大1.3倍となり、2018年6月現在は7,000円前後で推移しています。

トヨタの株価はこの1年で上昇しましたが、コネクテッドカーはまだ自動車メーカー各社の株価に影響を与えるほどのテーマにはなっていません。

しかし、IoT社会の進展に伴って、今後重要なトレンドになっていくことは間違いないと見られます。

トヨタを始めとする各自動車メーカーのコネクテッドカー戦略には注目しておきましょう。

 

2-2.モビリティIoTサービス「CiEMS」を提供するスマートバリュー

 自治体向けクラウドサービスに強い【9417】スマートバリューも、コネクテッドカー関連銘柄として期待されます。

同社は、自動車などの幅広いモビリティを対象に、IoTを中心とした技術を活用したクラウドサービス「CiEMS」を提供しています。

また、2018年3月末には、AIG損害保険と自動車向けIoTサービス(テレマティクスサービス)での業務提携を発表しています。

同社の株価は、2017年8月には480.2円を付けていましたが、この1年大きく上昇していき、2018年6月には一時1,409円にまで上昇しました。

※株価は2017年12月31日に行われた1→2の株式分割後の値で算出。また、2018年7月1日付で更に1→2の株式分割が実施される。

この1年で2.9倍の上昇となり、今後も更なる高値更新が期待されます。

コネクテッドカー関連銘柄はまだ少なく、関連銘柄で顕著に上昇しているのは同社くらいしかないですが、テレマティクスサービスに強い同社がこれだけ上昇していることから期待できそうです。

 
 
★注目ポイント2
 コネクテッドカー関連銘柄は、リーディングカンパニーのトヨタと自動車IoTサービスを手掛けるスマートバリューがこの1年で大きく上昇した。

3.主要コネクテッドカー関連銘柄チェックリスト

 コネクテッドカー関連銘柄より厳選した注目株をチェックしておきましょう。

銘柄株価主なサービス
 【3914】JIG-SAW3,220円  カリフォルニア州のコネクテッドカープロジェクトに参画
 【3938】LINE4,615円  トヨタとコネクテッドカー事業で協業
 【4288】アズジェント2,356円  コネクテッドカー用セキュリティ製品開発のKaramba Security社に出資
 【4770】図研エルミック(低位株★)441円  車載ネットワーク
 【6723】ルネサスエレクトロニクス1,086円  自動車向け半導体
 【6754】アンリツ1,521円  通信計測器
 【6800】ヨコオ1,871円  車載用アンテナ
 【6902】デンソー5,412円  自動車部品メーカー
 【6911】新日本無線769円  自動車向け半導体
 【7201】日産自動車1,078円  自動車メーカー、クラウドサービス「NissanConnect」
 【7203】トヨタ自動車7,170円  自動車メーカー、クラウドサービス「T-Connect」
 【7267】ホンダ3,253円  自動車メーカー、クラウドサービス「HONDA-CONNECT」
 【9417】スマートバリュー1,138円  モビリティIoTサービス「CiEMS」
 【9432】NTT5,036円  トヨタとコネクテッドカー事業で協業
 【9433】KDDI3,031円  トヨタとコネクテッドカー事業で協業

※株価は2018年6月29日終値で算出

★注目ポイント3
 コネクテッドカー関連銘柄を抽出してみると、明確にコネクテッドカー関連銘柄と言える銘柄は主要以外まだ少ない。

4.コネクテッドカー関連銘柄の上昇率ランキングTOP3!

 過去1年間の安値から高値までを算出し、最も上昇率の高かったコネクテッドカー関連より上位3銘柄を発表致します。

※2017年6月29日~2018年6月29日の1年で算出

 

4-1.第1位【9417】スマートバリュー

チャート画像
上昇率 2.9倍(安値:480.2円 → 高値:1,405円)
市場 東証二部
RSI 30.31(売られ過ぎ)
 

4-2.第2位【4770】図研エルミック

チャート画像
上昇率 1.97倍(安値:392円 → 高値:776円)
市場 東証二部
RSI 23.49(売られ過ぎ)
 

4-3.第3位【6754】アンリツ

チャート画像
上昇率 1.92倍(安値:820円 → 高値:1,575円)
市場 東証一部
RSI 48.01(売り買い均衡)

※RSIは2018年6月29日終値より算出

★注目ポイント4
 上昇率トップは2.9倍達成したスマートバリュー。コネクテッドカーがトレンドになっていく流れはまだ始まったばかりなので、今後の上昇率に期待したい。

5.まとめ

 コネクテッドカー関連銘柄は、明確に関連銘柄と言える銘柄はまだ少ないのが現状です。

しかし、コネクテッドカー関連サービスを手掛けているスマートバリューがこの1年で大きく上昇していることから、投資家からの潜在的な期待は非常に高いものと推測されます。

また、コネクテッドカーはIoTや5G、センサーといった重要テーマと絡んでいることもあり注目度は必然的に高まっていく可能性を秘めています。

業界の雄であるトヨタ自動車が力を入れていることからも、コネクテッドカーが自動車業界の大きなトレンドになっていく流れは確実であると思われます

トヨタを始めとする、自動車メーカーのコネクテッドカーに関するニュースは要チェックです。

 

為になったらぽちっとシェア!