人生100年!健康志向の高まりから「フィットネス関連銘柄」に追い風!

 

 【2928】RIZAPグループは株価6倍上昇達成!

健康志向の高まりから、フィットネス市場が成長を続けています。

高齢化社会の進展に伴う「人生100年時代」において、人々の健康志向が高まってくることは確実であると見られており、フィットネス市場は今後更なる成長を遂げると期待されます

フィットネス関連銘柄に注目していきましょう!

1.健康志向の高まりからフィットネス市場が成長している

 高齢化社会の到来と健康志向の高まりを背景に、フィットネス市場が成長を続けています

1-1.フィットネスとは?

 今回は、人生100年時代において重要セクターの一つになることが確実であると見られるフィットネス関連銘柄に注目していきます。

フィットネスとは
健康や体力の維持・向上を目的として行われる運動のことです。

近年、人々の健康志向が急速に高まっており、ライザップがブームとなるなど、フィットネスに対する人々の関心は大きく高まっています。

2017年にベストセラーとなった本「LIFE SHIFT」では、人生100年時代において健康の価値が高まっていくことが指摘されています。

平均寿命に対して健康で過ごせる期間を健康寿命と呼びますが、いくら平均寿命が長くなっても健康で過ごせなければ人生100年時代の恩恵を享受することはできません。

健康寿命を延ばして人生100年時代を楽しく過ごすためにも、フィットネスの需要は今後更に高まっていくことは間違いないと見られています。

定期的な運動には、心疾患や動脈疾患といった病気になるリスクを減少させる効果があり、また不安感や抑うつ感を軽減させるなど精神面にも大きな効果があることも指摘されています。

また、超高齢化社会の到来による社会保障費の増大が懸念される中で、多くの高齢者が定期的な運動を心掛けるようになれば、社会保障費の抑制に繋がることも期待されます

そのため、今後、政府によるフィットネス推進の動きなどもあるかもしれません。

 

1-2.フィットネス市場は拡大が続いている

 今回注目するフィットネス関連銘柄は、フィットネスクラブの運営を手掛ける銘柄が中心となってきます。

国内のフィットネス関連市場は、健康ブームの高まりとともに市場規模が拡大しています。

経済産業省の統計によると、フィットネス市場は2008年から2011年までは停滞が続いていましたが、2012年以降は成長を続けており、2016年のフィットネス売上高は前年比+2.7%の2,375億円となっています。

近年は24時間型のフィットネスクラブが増加しており、20代から40代の男性を中心に人気を博しています。

フィットネスクラブの会員単価は2010年から2016年までに3.6%低下した一方、フィットネスクラブの会員数はこの5年で20%以上増加しています。

特に、50代以上の高齢層の利用が増えており、若者に人気のイメージが強いライザップでも、50代以上の会員比率は2017年4月時点で22.4%にまで昇っています。

フィットネス関連市場は、これから超高齢化社会を迎え健康志向が益々高まっていく中で、高齢者の健康需要を取り込むビジネスになることが期待されます。

株式市場においても、RIZAPグループがこの1年間で5倍以上に暴騰しており、電気で腹筋を鍛えるSIXPADを手掛ける【7806】MTGが新規上場を控えるなど、関連銘柄は大きな注目を集めています。

 

★注目ポイント1
 フィットネスとは、健康のために行う運動のこと。健康志向の高まりに伴って市場が拡大しており、人生100年時代を迎えるにあたって更なる市場拡大が期待される。

2.フィットネス関連銘柄は大きな上昇を見せている

 フィットネス関連銘柄は、この1年で多くの銘柄が大きな値上がりとなっています。

2-1.減量ジム「ライザップ」を運営するRIZAPグループ

 減量ジム「ライザップ」や美容健康商品の通信販売を手掛ける【2928】RIZAPグループは、フィットネス関連銘柄を代表する銘柄です。

同社の躍進はメディアでも度々取り上げられており、フィットネスブームを象徴していると言っても過言ではありません

同社の株価は、2017年6月初めには509円を付けていましたが、この1年で急騰していき、2017年11月には一時3,090円にまで暴騰しました。

この期間に約6倍の株価上昇を達成したことに!

ただ、この暴騰となった反動からその後は大きく下げており、2018年6月現在は1,600円前後で推移しています。

なお、同社が上場しているのは東証ではなく札証アンビシャスであるため、証券会社によっては株を買えない場合があります

また、札証アンビシャスは大引けの時間が15時30分と、東証より30分遅いことにも注意しておきましょう。

 
 

2-2.女性専用「Curves」を展開するコシダカホールディングス

 低価格カラオケチェーン「カラオケまねきネコ」を展開する【2157】コシダカホールディングスは、フィットネス関連銘柄としても注目されます。

同社は、女性専用フィットネスクラブ「Curves」を展開しており、同社の業績を大きく牽引しています。

同社の株価は、2017年6月には629円を付けていましたが、この1年断続的に上昇していき、2018年4月には1,950円まで上昇しました。
※株価は2018年5月31日の1→4の株式分割後の値で算出

この1年で最大2.8倍まで上昇し、2018年6月現在も1,650円前後と高値圏付近で推移しています。

フィットネス関連銘柄はこの他にも、フィットネス機器を手掛ける【6630】ヤーマン3倍、スポーツクラブ「ホリデイスポーツクラブ」を運営する【8920】東祥1.7倍になるなど、多くの銘柄が上がっています。

高齢化社会の進展に伴い、健康志向が更に高まってくることは確実と見られており、今後も好調な値動きが期待されます。

 
 
★注目ポイント2
 フィットネス関連銘柄は、健康志向の高まりを背景に多くの銘柄がこの1年で大きな上昇を遂げた。

3.主要フィットネス関連銘柄チェックリスト

 フィットネス関連銘柄より厳選した注目株をチェックしておきましょう。

銘柄株価主なサービス
 【2157】コシダカホールディングス1,652円  女性専用フィットネスクラブ「Curves」
 【2378】ルネサンス2,536円  スポーツクラブ「ルネサンス」
 【2928】RIZAPグループ1,602円  減量ジム「ライザップ」
 【3028】アルペン2,352円  フィットネスクラブ「アルペンフィットネスクラブ」
 【3804】システム ディ668円  スポーツクラブ向け管理ソフト
 【4650】SDエンターテイメント786円  RIZAP傘下、女性専用フィットネス「SDフィットネス」
 【4801】セントラルスポーツ4,225円  会員制フィットネスジム
 【5933】アルインコ1,075円  ランニングマシン・トレーニングマシン
 【6074】ジェイエスエス845円  スイミングスクール
 【6630】ヤーマン1,885円  フィットネス機器
 【7506】ハウス オブ ローゼ1,757円  女性専用30分フィットネス「Curves」
 【7806】MTG (2018年7月10日に新規上場)-円  健康機器の開発・販売
 【8920】東祥4,360円  スポーツクラブ「ホリデイスポーツクラブ」
 【9766】コナミホールディングス5,540円  スポーツクラブ「コナミスポーツクラブ」

※株価は2018年6月27日終値で算出

★注目ポイント3
 フィットネス関連銘柄を抽出してみると、フィットネスジムやスポーツ施設を運営する銘柄が数多く挙がってくる。

4.フィットネス関連銘柄の上昇率ランキングTOP3!

 過去1年間の安値から高値までを算出し、最も上昇率の高かったフィットネス関連より上位3銘柄を発表致します。

※2017年6月28日~2018年6月28日の1年で算出

4-1.第1位【2928】RIZAPグループ

チャート画像
上昇率 3.88倍(安値:795円 → 高値:3,090円)
市場 札幌アンビシャス
RSI 34.55(やや売られている)
 

4-2.第2位【6630】ヤーマン

チャート画像
上昇率 3.4倍(安値:820円 → 高値:2,788円)
市場 東証一部
RSI 18.99(かなり売られ過ぎ)
 

4-3.第3位【8111】ゴールドウイン

チャート画像
上昇率 3.1倍(安値:3,325円 → 高値:10,330円)
市場 東証一部
RSI 63.56(やや買われている)

※RSIは2018年6月28日終値より算出

★注目ポイント4
 上昇率トップはやはり本命RIZAPグループ。今回は2017年6月28日~の期間で上昇率を算出したが、6月始めからの期間に縛ると6.07倍の上昇率となるので、前から大きな動きとなっていることが分かる。

5.まとめ

 フィットネス関連銘柄は、RIZAPグループを始めとして、この1年で多くの銘柄が上昇しました。

高齢化社会の進展に伴い、健康でいることの価値が益々高まってくることは確実であり、今後も要注目のテーマ株であると言えます。

また、メルカリに次ぐ大型IPO案件として注目される【7806】MTGの新規上場をきっかけに、フィットネス関連銘柄が更なる注目を集める可能性もあります。

フィットネス事業への新規参入といったニュースや、本命銘柄の動き、又はIPO銘柄の動きなどにもアンテナを張っておき、動向をチェックしておきましょう。

 

為になったらぽちっとシェア!