防災関連銘柄特集!相次ぐ地震災害に備え、防災対策を押さえよう。

 
 東日本大震災や熊本地震、九州北部豪雨など、大きな自然災害が相次いでいることから、防災意識が高まっています。

 
2018年6月18日には大阪府北部で震度6弱の地震が発生し、今後、首都直下地震や南海トラフ巨大地震の発生が危惧されており、防災意識は更に高まっていくことになりそうです。
 
また、防災関連銘柄の動きはというと、
 
【6744】能美防災は7年間で5倍
【6745】ホーチキは7年で6倍前後まで上昇!
 
これらのように、東日本大震災がきっかけとなり、防災意識が高まったことが株価にも表れているようです。
 
防災対策と防災関連銘柄をしっかりとチェックしておきましょう!

1.巨大地震や豪雨災害で高まる防災意識

 東日本大震災や熊本地震、相次ぐ豪雨災害などを受けて、防災意識が高まっています。

1-1.防災関連銘柄とは?

 今回は、地震や台風などの自然災害が多い日本では欠かせない防災関連銘柄に注目していきます。防災関連銘柄は「災害対策関連銘柄」と呼ばれることもあります。
防災とは
災害を未然に防ぎ、災害による被害を軽減するために行われる取り組みのことです。
 日本は、2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震を始め、大規模な地震が度々発生している地震大国として知られます。
 
また、台風や豪雨災害も多く、2014年の広島市の土砂災害や2017年の九州北部豪雨では大きな被害が発生しました。
 
近年、自然災害が多発していることから、個人にとっても防災意識を高めておくことが重要になっています。
 
地震や台風に備えて防災グッズを買い揃えておき、被災時の避難経路や避難場所を確認しておくことなどが求められています。
 
 
豪雨災害・台風災害は今後も発生するとみられ、首都直下地震や南海トラフ巨大地震の発生も懸念されていることから、防災意識は今後益々高まっていくことは確実であると見られています。
 

1-2.防災関連銘柄にはどのような銘柄があるか?

 防災関連銘柄には、どのような銘柄があるのかを見ていきましょう。

 
まず、地震や台風に対する防災対策として、インフラ整備に携わる建設・土木セクターの銘柄は防災対策関連銘柄の筆頭に挙がってきます。
 
特に、耐震化や補修工事を手掛ける銘柄に注目です。東日本大震災や熊本地震を受けて、全国の庁舎や学校などの公共施設で耐震化が進められていることも材料となると期待されます。
 
次に、火災警報器や防災無線システムといった防災機器を手掛けている銘柄も関連銘柄として挙がってきます。また、個人の防災意識の高まりから防災グッズを手掛けている銘柄にも注目です。
 
また、緊急地震速報や台風情報といった災害情報サービスを手掛ける銘柄も防災関連銘柄として注目されます。
 
その他には、耐震コンサルティング事業を行っている銘柄や、防災対策の一環として地盤調査を手掛けている銘柄も防災関連銘柄として注目です。
 
個人で防災対策をすることも欠かせませんが、防災対策と同時に、防災関連銘柄にも注目しておきましょう。

 

★注目ポイント1
 東日本大震災や熊本地震、九州北部豪雨などの自然災害が多発していることから、防災意識が高まっている。

2.防災関連銘柄は堅調に上昇している

 防災意識の高まりを背景に、防災関連銘柄は堅調に上昇しています。

2-1.総合防災機器大手の能美防災

 セコムの傘下で総合防災機器大手の【6744】能美防災は、防災関連銘柄を代表する銘柄です。

 
同社は、火災報知設備や消火設備などを手掛けている防災機器のリーディングカンパニーとして知られています。
同社の株価は、2017年6月には1,618円を付けていましたが、この1年で更に上昇していき、2018年5月には一時2,748円まで上昇しました。この1年で約1.7倍となっています。
 
なお、同社の株価は東日本大震災前の2011年3月初めには540円に過ぎず、この7年間で5倍以上になっています。
 
これは、東日本大震災がきっかけとなり、日本全体の防災意識が高まったことを象徴していると言えます。
 
 

2-2.防災機器2位のホーチキ

 防災機器2位の【6745】ホーチキも、能美防災と並び防災関連銘柄を代表する銘柄です。
 
同社は、火災報知システムを中心に、消火システムや情報通信システムなどを製造・販売しています。
同社の株価は、2017年6月には1,795円を付けていましたが、2017年11月には2,839円にまで上昇しました。
 
この期間に最大約1.6倍となり、2018年6月現在は2,200円前後で推移しています。
 
また、同社も、東日本大震災から7年で6倍前後にまで株価が上昇しています。
 
 

2-3.防災シミュレーションや防災情報システムを手掛ける応用技術

 業務効率ソフトに強い【4356】応用技術は、防災関連銘柄としても注目されます。

 
同社は、自然災害に対する防災シミュレーションや耐震シミュレーション、防災情報システムを提供していることでも知られています。
同社の株価は、2017年6月には610円を付けていましたが、この1年で上昇していき、2018年5月には一時1,341円まで上昇しました。この1年で約2.2倍の上昇となったことになります。
 
防災関連銘柄としては、防災機器メーカーや建設・土木株が注目されますが、同社のように防災ソフトや防災情報を手掛けているIT企業にも注目しておきましょう。
 
なお、この1年では大きく上昇しませんでしたが、防災関連銘柄としても注目される建設・土木セクターの銘柄は、国土強靭化政策の恩恵を受けるテーマ株として今後物色されることも期待されます。
 
現在、地方では高度経済成長期に整備されたインフラの老朽化が問題となっており、また東京オリンピックの建設需要は2018年から2019年に掛けてピークアウトすると予測されています。
 
オリンピック後の建設需要の落ち込みをカバーするために、防災対策の一環として国土強靭化政策や電柱地中化といった政策が進められることが期待されます。
 
これらの政策が積極推進されることになれば、防災関連銘柄として、建設・土木セクターの銘柄が買われることが期待されます。
 
★注目ポイント2
 防災関連銘柄は、この1年で堅調に上昇している。また、東日本大震災から7年で見ると、防災関連銘柄は大きく上昇しており、防災意識の高まりを象徴していると言える。

3.主要防災関連銘柄チェックリスト

 防災関連銘柄より厳選した注目株をチェックしておきましょう。

銘柄株価主なサービス
 【1801】大成建設6,130円  耐震技術
 【1810】松井建設952円  耐震技術
 【1812】鹿島863円  耐震技術
 【1813】不動テトラ(低位株★)204円  地盤事業
 【1833】奥村組3,780円  免震技術
 【1881】NIPPO1,991円  土木建設
 【1883】前田道路2,143円  土木建設
 【4356】応用技術1,228円  防災情報システム
 【4748】構造計画研究所2,181円  防災コンサルティング
 【4825】ウェザーニューズ3,420円  気象情報サービス
 【6718】アイホン1,732円  防災機器
 【6744】能美防災2,427円  防災機器
 【6745】ホーチキ2,139円  防災機器
 【9621】建設技術研究所1,422円  防災コンサルティング
 【9755】応用地質1,470円  地質調査

※株価は2018年6月20日終値で算出

★注目ポイント3
 防災関連銘柄を抽出してみると、建設・土木から防災機器メーカー、災害情報サービス、防災コンサルティング、地質調査と幅広い銘柄が挙がってくる。

4.防災関連銘柄の上昇率ランキングTOP3!

 過去1年間の安値から高値までを算出し、最も上昇率の高かった防災関連より上位3銘柄を発表致します。
 
※2017年6月21日~2018年6月21日の1年で算出
 

4-1.第1位【6629】テクノホライゾン・ホールディングス

チャート画像
上昇率 4.3倍(安値:234円 → 高値:1,027円)
市場 ジャスダック
RSI 28.34(売られ過ぎ)
 

4-2.第2位【9233】アジア航測

チャート画像
上昇率 3.7倍(安値:525円 → 高値:1,942円)
市場 東証二部
RSI 35(やや売られている)
 

4-3.第3位【9264】ポエック

チャート画像
上昇率 3.6倍(安値:2,020円 → 高値:7,300円)
市場 ジャスダック
RSI 69.33(やや買われている)

※RSIは2018年6月21日終値より算出

★注目ポイント4
 この1年の動きで見ると、防災以外のテーマも絡む銘柄が上位を獲得。3銘柄は主要銘柄としては取り上げていないが、今後どう動くのか気になるところです。

5.まとめ

 防災意識の高まりから、防災関連銘柄はこの1年で堅調に上昇しています。
 
また、防災機器メーカー大手の能美防災とホーチキは東日本大震災から7年で5~6倍になっており、東日本大震災がきっかけとなり防災意識が一段と高まったことを象徴しています。
 
首都直下地震や南海トラフ大地震への懸念から、防災意識は今後更に高まっていくものと見られています。台風や豪雨災害への対策も急務です。
 
2020東京オリンピック後の経済対策として、防災対策の一環となる国土強靭化政策に関するニュースにも注目です。
 
自身の防災対策も兼ねて、災害情報や防災に関するニュースにはアンテナを張っておきましょう。
 

為になったらぽちっとシェア!