【訳あり】低位株の仲間入り24銘柄+ボロ株入りの6銘柄!「2018年版」

 
 2018年6月6日付けで、新たに低位株の仲間入りをしている銘柄を算出しました。
 
その結果、数多くの銘柄が下落し株価500円以下になってることが判明。
 
これら銘柄は個別材料が要因か、テーマ株全体的に売られたのか気になるところです。
 
そこで低位株仲間入りランキングとして、24銘柄を下落率の大きかった銘柄から順に発表します。
 
低位株ならではの値動きの軽さから、再び反発する可能性も秘めていることから、是非ともその後の動向はチェックしておきましょう。
 
また、おまけとしてボロ株(100円以下)の仲間入りした6銘柄もご紹介!

1.株価500円以下まで売られたNEW低位株

 2018年6月6日から過去半年間の間で、株価500円以上だった銘柄が、6月6日終値時点で500円以下の銘柄が基準となります。

1-1.下落率順.低位株の仲間入り24銘柄!

※2017年12月6日~2018年6月6日の期間で算出

【7519】五洋インテックス

チャート画像
下落率 71.8%(高値:810円→:安値228円)
市場 ジャスダック
テーマ インテリア関連

 

【4594】ブライトパス・バイオ

チャート画像
下落率 65.0%(高値:968円→:安値338円)
市場 東証マザーズ
テーマ がん免疫関連・バイオテクノロジー関連

競争力が激化する最先端がん治療!2018関連銘柄チェックリスト!

2018.03.21

【3323】レカム

チャート画像
下落率 64.0%(高値:553円→:安値199円)
市場 ジャスダック
テーマ 情報通信関連

 

【3358】YSフード

チャート画像
下落率 60.6%(高値:833円→:安値328円)
市場 ジャスダック
テーマ 外食関連

人気の外食関連銘柄2018!上昇率の高さと優待も魅力なセクター!

2018.04.19

【7810】クロスフォー

チャート画像
下落率 59.7%(高値:807円→:安値325円)
市場 ジャスダック
テーマ 宝飾品関連

 

【4317】レイ

チャート画像
下落率 58.9%(高値:1,125円→:安値462円)
市場 ジャスダック
テーマ イベント・企画関連

 

【4596】窪田製薬HD

チャート画像
下落率 55.1%(高値:784円→:安値352円)
市場 東証マザーズ
テーマ 創薬・バイオテクノロジー関連

バイオテクノロジー関連銘柄は急騰株が続出!2018年の本命をチェック!

2018.03.20

【1853】森組

チャート画像
下落率 52.9%(高値:853円→:安値401円)
市場 東証2部
テーマ 建築関連

 

【6276】ナビタス

チャート画像
下落率 52.8%(高値:1,025円→:安値483円)
市場 ジャスダック
テーマ 印刷関連

 

【9929】平和紙業

チャート画像
下落率 52.6%(高値:1,008円→:安値477円)
市場 東証2部
テーマ 紙卸関連

 

【6300】アピックヤマダ

チャート画像
下落率 52.2%(高値:695円→:安値332円)
市場 東証2部
テーマ 半導体製造装置関連

上昇率5倍銘柄は出るか?2018年半導体製造装置関連銘柄特集!

2018.02.14

【4563】アンジェス

チャート画像
下落率 51.4%(高値:769円→:安値373円)
市場 東証マザーズ
テーマ バイオテクノロジー関連

 

【2778】パレモHD

チャート画像
下落率 51.0%(高値:739円→:安値362円)
市場 ジャスダック
テーマ アパレル関連

「アパレル関連銘柄2018!」時代の変化に乗る本命銘柄をチェック!

2018.05.11

【6433】ヒーハイスト精工

チャート画像
下落率 50.2%(高値:989円→:安値492円)
市場 ジャスダック
テーマ ロボット関連

ロボット関連株トップ3!上昇率トップの株と2018年の注目株をチェック!

2017.12.25

【9854】愛眼

チャート画像
下落率 50.0%(高値:861円→:安値430円)
市場 東証1部
テーマ 小売関連

「小売株」にフォーカス!業績好調を背景に上昇&注目銘柄2018!

2018.04.24

【5381】Mipox

チャート画像
下落率 49.7%(高値:917円→:安値461円)
市場 ジャスダック
テーマ 半導体部材関連

 

【6786】RVH

チャート画像
下落率 47.1%(高値:810円→:安値228円)
市場 東証2部
テーマ 化粧品・美容関連

「化粧品関連銘柄は強い!」需要増加により2018年も注目のセクター!

2018.04.13

【7608】SKジャパン

チャート画像
下落率 46.6%(高値:890円→:安値475円)
市場 東証1部
テーマ イベント関連

 

【2693】YKT

チャート画像
下落率 46.2%(高値:888円→:安値477円)
市場 ジャスダック
テーマ 量子コンピューター関連

量子コンピューターは革命!2018年も関連銘柄に爆発的な上昇をもたらすか!

2018.03.07

【6658】シライ電子

チャート画像
下落率 45.4%(高値:836円→:安値456円)
市場 ジャスダック
テーマ 任天堂関連

任天堂の株価は絶好調!2018年の動向と注目の関連銘柄を予想!

2018.02.05

【4585】UMNファーマ

チャート画像
下落率 44.2%(高値:628円→:安値350円)
市場 東証マザーズ
テーマ バイオテクノロジー関連

 

【2191】テラ

チャート画像
下落率 44.0%(高値:870円→:安値487円)
市場 ジャスダック
テーマ バイオテクノロジー・再生医療関連

再生医療関連銘柄2018!人間を再生できるとてつもない技術の関連株とは?

2018.03.16

【2160】GNI

チャート画像
下落率 42.4%(高値:777円→:安値447円)
市場 東証マザーズ
テーマ バイオテクノロジー関連

 

【4591】リボミック

チャート画像
下落率 41.8%(高値:812円→:安値472円)
市場 東証マザーズ
テーマ バイオテクノロジー関連

バイオテクノロジー関連銘柄は急騰株が続出!2018年の本命をチェック!

2018.03.20

1-2.おまけ!100円以下のボロ株仲間入りした6銘柄!

おまけ編として株価100円以上だった銘柄だが、この期間でボロ株入りとなった全6銘柄をご紹介。
 
 
※2017年12月6日~2018年6月6日の期間で算出
 

【6636】ソルガムHD

チャート画像
下落率 84.4%(高値:257円→:安値40円)
市場 ジャスダック
テーマ バイオ燃料関連

 

【7612】Nuts

チャート画像
下落率 63.2%(高値:226円→:安値83円)
市場 ジャスダック
テーマ カジノ関連

カジノ関連銘柄の上昇はまだ序章!2018年本格化する動きに注目!

2017.12.22

【3111】オーミケンシ

チャート画像
下落率 51.8%(高値:193円→:安値93円)
市場 東証二部
テーマ アパレル・インフルエンザ関連

「アパレル関連銘柄2018!」時代の変化に乗る本命銘柄をチェック!

2018.05.11

【4347】ブロードメディア

チャート画像
下落率 47.0%(高値:119円→:安値63円)
市場 ジャスダック
テーマ メディア関連
 
★注目ポイント1
500円以下の低位株となった銘柄は24銘柄。100円以下のボロ株となった銘柄は6銘柄。

2.低位株入りした銘柄の特徴とは

 低位株入りした24銘柄を算出し、見てきましたが、今度はどのような特徴があるのか見ていきましょう。

2-1.上昇しやすく、下落しやすいジャスダック銘柄!

 今回低位株入りした銘柄を市場ごとに分けると、

  • 東証一部:2銘柄
  • 東証二部:4銘柄
  • ジャスダック:12銘柄
  • 東証マザーズ:6銘柄
このようになり、下落した銘柄の半数50%はジャスダック市場から出ている結果になりました。
 
この結果だけを見ると、ジャスダック銘柄は下がりやすいイメージだけが先行しそうですが、逆に上昇率も高いという結果はありました。
 
1~3月の「低位株上昇率ランキング記事」では、上昇率の高い上位60%はジャスダック銘柄という結果が出ていましたので、ジャスダック銘柄は激しく動きやすい銘柄が数多くあると言えます。
 
同じく新興市場であるマザーズ銘柄もその次に多い数値となりますが、上場企業数はジャスダックの1/3であることから考えると、こちらも多い数字とも言えます。
 
また、テーマ別で見ると「バイオ関連銘柄」が多い結果ということも分かりました。
 
新薬やがん治療などといった新たな技術に期待しているからこそ、時には爆発的人気となり急騰銘柄が続出することもありますが、悪材料、失望売りが出やすいのも特徴となります。
 
今回、低位株の仲間入りとなった銘柄がバイオ関連銘柄から多く出たのも、こういった理由からだと見られます。

 

2-2.日経平均株価と下落銘柄との関係

次に、日経平均株価とこれら下落した銘柄との関係値はどうなっているのか見て行きます。
 
今回、騰落率の算出期間として「2017年12月6日~2018年6月6日」で縛りましたが、この時期の日経平均株価はどう動いていたのでしょうか。
 
チャート画像
 
 
2017年後半から続く世界的株高を2018年も引き続き維持し、日経平均株価は1月23日に2万4,129円まで上昇しました。
 
しかし、2月の米国長期金利が上昇したことで米国株を含む、世界の金融市場が急落。
 
日経平均株価もこの流れを受け、下落基調へと反転し、2日間で2,000円以上も下落する展開でした。
 
その後、米中貿易摩擦に対する警戒感は残しつつ、好業績銘柄が物色されるなどでゆっくり株価は回復基調にあります。
 
 
このように日経平均株価は1月23日の高値を付けてから、その後下げトレンドの動きとなっていますが、今回低位株入りした銘柄の多くも同じような動きが見られました。
 
24銘柄+6銘柄の全30銘柄中、1月に高値を付けその後下げた銘柄は18銘柄
 
 
60%の銘柄が、日経平均株価の影響を大きく受けたという結果になりました。
 
 
★注目ポイント2
ジャスダック銘柄が今回低位株となった銘柄の半数を占め、日経平均株価の影響を受けた銘柄が60%以上という結果が分かった。

3.まとめ

今回の低位株入り銘柄の特徴から見ると、ジャスダック市場は特に注目で、下げる割合も多いが、上げる割合も高いという結果となりました。
 
ただ、このまま株価はずっと下げ続ける訳ではなく、どこかの底値で反発するタイミングが訪れます。
 
テクニカル分析、より旬なテーマ株を取り入れて分析することで、より期待値の高い低位株が見つかるかも知れません。
 
 
低位株ということで、ハイリスクハイリターン気味となった銘柄ですが、低位株が好きな方であればチェックしておきたい銘柄となるのではないでしょうか。
 

為になったらぽちっとシェア!