【2018年7月~9月版】低位株上昇率ランキングトップ10!

 

人気の低位株上昇率ランキングを発表!

2018年7月2日~9月28日までの期間で、大きな動きを見せた低位株はどのような銘柄だったのでしょうか。

上昇率トップ10+おまけ10銘柄=合計20銘柄算出

これら結果から、今回も注目されたテーマや、上昇率の高い市場なども判明しました。

最新の低位株上昇率ランキングを早速チェックしていきましょう。

今回はなんと・・テンバガー銘柄が誕生しています!

1.2018年7月~9月の低位株上昇率

低位株の上昇率ランキングトップ10をチャートと共に見ていきましょう。

1-1.低位株上昇率ランキングトップ10

※2018年7月2日~9月28日の期間で上昇率を算出

1位:【2164】地域新聞社

チャート画像
上昇率4.76倍(安値:460円 → 高値:2,193円)
市場ジャスダック
テーマ広告 サービス関連

ネット広告関連銘柄は2018年も注視!テレビ広告を追い抜き間近!

2018.05.17

 

2位:【9425】日本テレホン

チャート画像
上昇率3.73倍(安値:355円 → 高値:1,325円)
市場ジャスダック
テーマ情報・通信関連

 

3位:【3840】パス

チャート画像
上昇率3.08倍(安値:126円 → 高値:389円)
市場東証二部
テーマブロックチェーン eコマース関連

 

eコマース関連銘柄は株価11倍達成!市場は急拡大中で2018年も引き続き注目!

2018.03.26

ブロックチェーン関連銘柄は出遅れ株多し!2018年も勢いは継続か!

2018.02.23

 

4位:【8789】フィンテック グローバル

チャート画像
上昇率3.08倍(安値:73円 → 高値:225円)
市場東証マザーズ
テーマ不動産関連

「不動産」×「低位株」=35銘柄!500円以下の低位株をピックアップ!

2018.09.12

 

5位:【6624】田淵電機

チャート画像
上昇率2.83倍(安値:112円 → 高値:318円)
市場東証一部
テーマ太陽光発電 スマートグリッド ワイヤレス充電関連

 

「ワイヤレス充電」スマホの次はEVが市場を牽引!有望関連銘柄をチェック!

2018.09.20

知っておきたい「スマートグリッド」と注目の関連銘柄2018!

2018.05.28

太陽光発電からメガソーラーへ!2018年注目の関連銘柄リスト!

2018.04.23

 

6位:【1711】省電舎ホールディングス

チャート画像
上昇率2.67倍(安値:274円 → 高値:734円)
市場東証二部
テーマ再生エネルギー関連

地球規模のテーマ「再生エネルギー」!上昇を見せる関連銘柄とは!

2018.06.21

 

7位:【3776】ブロードバンドタワー

チャート画像
上昇率2.61倍(安値:155円 → 高値:405円)
市場ジャスダック
テーマAI saas関連

企業で急速に導入が進む「SaaS」!関連銘柄も好調で2018年熱いテーマ!

2018.06.07

【AI(人工知能)】関連銘柄!2018年最重要テーマの本命15銘柄!

2018.02.27

 

8位:【1435】TATERU

チャート画像
上昇率2.61倍(安値:327円 → 高値:854円)
市場東証一部
テーマ不動産 民泊関連

「民泊新法」がスタートしたホットな民泊関連銘柄!2018年抑えるべき銘柄は

2018.02.21

 

9位:【2459】アウンコンサルティング

チャート画像
上昇率2.59倍(安値:242円 → 高値:629円)
市場東証二部
テーマ広告関連

 

10位:【3627】ネオス

チャート画像
上昇率2.43倍(安値:405円 → 高値:985円)
市場東証一部
テーマソリューション事業関連

1-2.上昇率No1は!

7月~9月の上昇率No1となった低位株は、【2164】地域新聞社

千葉県を中心に無料情報誌を発行している同社ですが、業績は低迷、一部で買収思惑などもありマネーゲーム化し急騰。

7月~9月内の安値高値で算出し、上昇率4.76倍

また、上昇率トップ10銘柄の市場を調べたところ

  • 東証一部:3銘柄
  • 東証二部:3銘柄
  • ジャスダック:3銘柄
  • 東証マザーズ:1銘柄

このような結果となりました。

1月~3月、4月~6月の上昇率ランキングでは、ジャスダック銘柄から6割出ていたという結果もあり、今回は各市場から均等に出ている印象となりました。

テーマの部分で見ても偏った印象はなく、様々なテーマが物色された様子。

 
★注目ポイント1

2018年7月~9月の低位株上昇率ランキングでは、テーマ、市場とも偏った動きは見られませんでした。

2.低位株上昇率ランキング番外編

トップ10番外編として、今回も+10銘柄+3銘柄を紹介。

(低位株上昇率ランキング11~20位)+(低位株を除く上昇率トップ3)

2-1.低位株ランキングトップ11~20位

※2018年7月2日~9月28日の期間で上昇率を算出

11位:【2144】やまねメディカル

上昇率2.32倍(安値:362円 → 高値:843円)
市場ジャスダック
テーマ仮想通貨関連

 

ホットな「仮想通貨関連銘柄!」今後の動きと2018年以降も注目の銘柄!

2018.05.24

 

12位:【2489】アドウェイズ

上昇率2.08倍(安値:419円 → 高値:873円)
市場東証マザーズ
テーマネット広告関連

 

13位:【2673】夢みつけ隊

上昇率2.08倍(安値:109円 → 高値:227円)
市場ジャスダック
テーマ通信販売関連

 

14位:【6625】JALCOホールディングス

上昇率2.02倍(安値:143円 → 高値:289円)
市場ジャスダック
テーマ不動産関連

 

15位:【2929】ファーマフーズ

上昇率1.99倍(安値:420円 → 高値:837円)
市場東証二部
テーマ創薬 バイオテクノロジー関連

「創薬関連銘柄」にフォーカス!急騰バイオベンチャー候補2018!

2018.07.10

バイオテクノロジー関連銘柄は急騰株が続出!2018年の本命をチェック!

2018.03.20

 

16位:【4563】アンジェス

上昇率1.92倍(安値:325円 → 高値:626円)
市場東証マザーズ
テーマ核酸医薬 バイオテクノロジー関連

知っておきたい「核酸医薬」の魅力と主要関連銘柄15選!2018Ver!

2018.07.26

 

17位:【5216】倉元製作所

上昇率1.9倍(安値:133円 → 高値:253円)
市場ジャスダック
テーマガラス ディスプレイ関連

 

18位:【4734】ビーイング

上昇率1.88倍(安値:456円 → 高値:860円)
市場ジャスダック
テーマソフト・システム開発関連

「ソフト・システム開発」関連銘柄上昇率トップは9.6倍!

2018.08.21

 

19位:【1724】シンクレイヤ

上昇率1.85倍(倍(安値:487円 → 高値:902円)
市場ジャスダック
テーマCATV 通信関連

 

20位:【7919】野崎印刷紙業

上昇率1.83倍(安値:238円 → 高値:436円)
市場東証二部
テーマ元号 ICタグ関連

平成から新元号へ!2018年恩恵を受ける特需銘柄に注目!

2018.04.10

「ICタグでレジ革命!」上昇率トップから見た関連銘柄本命は?

2018.01.29

11位~20位までの市場

  • 東証一部:0銘柄
  • 東証二部:2銘柄
  • ジャスダック:6銘柄
  • 東証マザーズ:2銘柄

2-2.上昇率トップ3(※低位株を除く)

番外編パート2として、低位株を除いた全銘柄の上昇率トップ3もご紹介。

※2018年7月2日~9月28日の期間で上昇率を算出

1位:【9820】エムティジェネックス

チャート画像
上昇率19.82倍(安値:2,318円 → 高値:45,950円)
市場ジャスダック
テーマ住宅リニューアル関連

 

2位:【6033】エクストリーム

チャート画像
上昇率9.61倍(安値:1,308円 → 高値:12,580円)
市場東証マザーズ
テーマソーシャルゲーム関連

ソーシャルゲーム関連銘柄は夢のあるセクター!2018年も注視すべき銘柄とは!

2018.04.25

 

3位:【3356】テリロジー

チャート画像
上昇率3.25倍(安値:562円 → 高値:1832円)
市場ジャスダック
テーマサイバーセキュリティ関連

上昇率10倍強のサイバーセキュリティ関連銘柄は2018年も注目か!

2018.01.16

 

全市場の上昇率ランキングでみると、上昇率トップは【9820】エムティジェネックス19.82倍

同社は森トラスト傘下で住宅リニューアルを手掛けていますが、ストップ高連発で強烈な急騰を見せております。

7月~9月内の安値と高値で算出しても、19倍強と「夢のテンバガー」を軽く超える需要相場となりました。

現時点でも高値を推移している為、今後の動きも見逃せません。

 

★注目ポイント2
上昇率ランキング11位~20位で見ると、ジャスダック市場が6割という従来通りの結果となった。全市場でみると株価19倍強のとんでもない急騰銘柄も誕生している。

3.まとめ

今回は(2018年7月~9月)の期間に絞り、低位株の上昇率をランキング形式で算出してみました。

今回の結果から見ると、偏ったテーマへの物色はなく、市場別でみてもジャスダックが圧倒的という結果とはなりませんでした。

ただ、低位株上昇率1位の【2164】地域新聞社、全市場上昇率1位の【9820】エムティジェネックスの動きを見ると、一部に資金が偏りマネーゲーム化したことは強烈な印象としてあります。

この3ヵ月の間で、株価10倍以上の銘柄が誕生したことは、夢を持たせてくれたことでしょう。

今後にも期待し、低位株の動きにはアンテナを張っておきましょう。

次回は10月~12月の低位株上昇率ランキングを発表します。

過去の関連記事はこちら

【2018年1月~3月版】低位株上昇率ランキングトップ10!

【2018年4月~6月版】低位株上昇率ランキングトップ10!

為になったらぽちっとシェア!